を棚卸ししますA.H.C.I.単独で表を作成する人のブランド

今のところの表し壇はすでに百花斉放で、同時にまた百家争鳴する態勢です。かつての石英のあらしの伝統にあげる機械的な腕時計のバンドは来るの壊滅的なみんなで、たくさん表を作成するブランドはすべて運よく免れていません。しかし機械の表す復興に従って、表を作成する業界の有識者達は明らかにすでに同じく変革する重要性を革新するのに意識しました。

このような1つのノードの上で、A.H.C.I.単独で表を作成する人が力を合わせてすぐ気運に乗じて生まれます。1985年VincentCalabrese、SvendAndersenとJosephK.を通じて(通って)Snetivy(亡き)の3人は創立したのA.を呼びかけますH.C.I.力を合わせてできて、そしてバーゼル時計展を展示するプラットフォームにして、世間の人に単独で表を作成する人の風采を見させました。

A.H.C.I.の正式名称は“ACADEMIE HORLOGERE DES CREATEURS INDEPENDANTS”で、“単独でのが創造力の表を作成する師があってに力を合わせる”を意味して、それは専門の領域の中で革新して精神の高級の技師達の自由なアセンブリを変革するのを備えるので、今のところこれができる全部の成員の大概に力を合わせてすぐ数十人しかありません。

成員がとても少ないが、しかし彼らは専門の技術があるだけではなくて、完璧な技術を掌握して、同時に独特な創造精神を持っています。そのためこれらの表を作成する師の中で、多くの人に自分の表を作成するブランドを創立したようにもあって、今日私達はいくつ(か)のその中の比較的特色がある表を作成するブランドを紹介します。

URWERK

前区時間の私達もみんなのためにURWERKの腕時計の作品を紹介して、いくつかの簡単なブランドと紹介します。URWERKは3つの志と信念が一致する若い人の創立する表を作成するブランドから、しかし、みんなの恐らくあまり理解したのでないのは、創始者の中の一つFelixBaumgartnerもA.ですH.C.I.の成員。

URWERKの成員達は1基が産するのが17世紀に“夜の時計”の卓上式の時計という上から霊感を獲得して、その時間は1つの夜光の窓口の中の数字を通じて(通って)ゆっくりとはっきりと現れるのを指示します。URWERKの作品はずっとこのような理念を受けてその通りにして、そして2個数の小皿から3個数の小皿の“四つ手”の構造モデルを発展しだして、数字を利用して回して時間の腕時計を表示しに来ます。同時にブランドがまた(まだ)海瑞・ウィンストンのためにOPUSV腕時計の採用したのを創作したのもこのような数が結果を現すです。

F.P.Journe

表を作成する師Francois―PualJourneも自分の同名のブランドを創立して、この名前はみんなは恐らく、しかしもしF.をあまり熟知しませんP.Journe,みんなが必ずはっと悟りを信じます!Francois―PaulJourneはラテン語の“InvenitetFecit”(発明して作る)の字形を自分で生産するひとつの腕時計上で彫刻して、このブランドの本当に創造して設計する保証として。

F.P.Journe全世界でのが量を持っているのもとても少なくて、そのSouveraineシリーズの比類がないでしょう技術の水準は独特な審美設計と互いに結合して、OCTAシリーズで全くF.から採用しましたP. Journe自分で作った複雑な自動チップ。今F.P. Journeの知名度もやかましく論ぜられるで、それぞれ大いに展を表す上に倍が暑気にあたって協議するです。

Voutilainen

フィンランドは単独で表を作成する師KariVoutilainenは2002年にVoutilainenを創立して、その時は主に骨董の表す修復と時計の製作に向かうのでした。2005年にKariVoutilainenは単独で表を作成する人になってできる候補者に力を合わせて、時計業の発展に従って、Voutilainenの知名度も次第に高まるです。

KariVoutilainenの作品の中で、最も有名なのはそれが初の十進法の3を創作するべきでMasterpiece6を表であることを聞いて、KariVoutilainenもTheObservatoireに頼って、2007年度のジュネーブの時計の大賞(GPHG)を光栄にも獲得した中の最優秀メンズファッションは賞を表して、今年それは同様にGPHGに入選したので、これに時計界のオスカーの称のGPHGを持っていられるのが確かで、きっと1つのブランドに対する認可です。

Vyskocil

Vyskocilは1つのドイツの表を作成する師VolkerVyskocilの創立したブランドで、こちらの表を作成する師の本職の仕事は道具メーカーと機械技師です。表を作成する方面に全く独学で知識や技術を身につけたのです。最も肝心なのは、彼は2005年にA.になりましたH.C.I.の成員、この方面で、もしも天才で彼を形容して、オーバーではないであるべきでしょう!

Vyskocilの重点はチップにあるのであるべきで、初期の表を作成する師達はいつもできるだけ強大な並べる車輪を求めて、働く力のモメントの安定性を維持して、外部影響を機械的な働く可能性は最小だまで(に)下がって、最後に長い間安定的な動力が保存するのを実現します。Vyskocilの腕時計は独特なチップの歯車の配置を採用して、更に小さい歯車と機械的なプラットフォームの上で、高速に車輪の運営を並べて更に次第に精密で正確にならせます。

Svend Andersen

こちらの表を作成する師はA.を言うことができますH.C.I.の魂所は、彼の腕時計価格の上で全く匹敵するパテック・フィリップは、1年ただ15の腕時計だけ、を販売してまた(まだ)3年を使って1モデルのチップを開発しに来が。彼の最大の貢献を言うことができるのは創立する単独での表を作成する人に参与して力を合わせるできるのであるべきで、これはたくさん持って考えの表を作成する師を革新する標準的なの組織を統一するのがとあった譲ります。

1969年からSvendAndersen始めるのは自分の第1件の作品の“瓶の子時計”を研究開発します。この尋常でない作品は表を作成する師のために世界的名声を勝ち取って、“一般の人の思いもよらない表を作成する師”と称させられます。彼がまた(まだ)世界の最小のカレンダーを持ちを作る時計算して、1989年にギネス記録の世界記録を記載します。でもお父さんの最も好きなのはポルノがまだ表すので、この各位の読者の皆さんはここで見えないで、自分で体会に行きましょう!

A.H.C.I.単独で表を作成する師の大本営を言うことができて、今日みんなの紹介する何人かは単独で表を作成する師のブランドだ以外、たとえばたくさんにリチャード・ミュアー、KonstantinChaykinに似ているのがまだあって、A.なだけではありませんH.C.I.の成員、同時に自分の表を作成するブランドを持ちます。

しかしA.H.C.I.全部ではなくて、からだはA.にありますがH.C.I.中の表を作成する師が技術が完璧で、かつ創造精神があって、しかしいわゆる達人は民間にいて、たくさん独立する表を作成する師がまだいるのはいかなる組織に頼らないのです。実は時代の発展につれて、見たところ永久に変わらない表を作成する業も知らずのうちに感化する間は変化を行ったのを始めています。あれらの伝統の表を作成する商と比較して、単独で表を作成する師は表を作成する界がとを持ってきたために更に自由な発揮の空間、これ異なる雰囲気を持っています。

ただいまコメントは受け付けていません。