バーゼルは展の爆発を表して群の潮を退きます

全世界の歴史が最も悠久で、規模の最大の時計展の“バーゼル国際時計の真珠や宝石展”(Baselworld)はこの2年に“群を退くのが湿っている”が爆発して、2017年を継いでアテネ、ジラール・ぺルゴ、宝の詩の竜、玳が美しくて上品で彼の地に転戦して、2018年にエルメス、導くオーストリア、モバード、ジュヴェニア、エベルと1人の大衆の流行するブランドは続々と家出して、展示業者の数量は650ぐらいまで激減して、ほとんど流失して半ばを越します。

7月29日、《新蘇黎士日刊新聞》日曜日に増刊はまた重量級の情報を発表して、スウォッチグループは退出して2019年にバーゼルが展を表しを決定して、所属の18のブランドの集団は退席して、この著名な同じく老化する表す展を譲りを前例のない危機に直面して、時に変化をしたのです。

ただいまコメントは受け付けていません。