技術が独自の境地に至っています 小さくエナメルを描きます

小さくエナメルを描くのが西方のエナメルの技術の代表で、その技術は胎の胚上で先に一層の透明ではないエナメルの釉を燃やして下層を行うので、しかる後また絵を画いて、かまどに入ってベーキングなります。彩色上絵師は特製の針のペンを使って、高い顕微鏡が大きくするのを協力するにして、いくつ(か)の週何ヶ月に綿密に絵を画いた後に甚だしきに至ってはを経験して、また高温であぶり焼いて、色に絶えず強めさせて、至ってまばゆい彩りを出します。上薬ごとに暑気にあたった後に色が変化して尽きなくて同じことができるため、よく多重が色を塗って多重によく合ってようやく完成のことができるのをベーキングであることが必要です。1817年に、ブレゲはオーストリア斯曼帝国の注文して作らせる1モデルのエナメルのために(通し番号Noを表.2952)、このような技術を採用したのが、外側で殻の中央の彩色上絵は静物はフラワーガラ、周囲が彫刻を採用した内に精密なワシの透明なエナメルの技術、外側のコースを埋めてと箔をはめ込むエナメルの技術、を採用したのを表す1モデルのとてもめったにない多重の技術ブレゲのエナメルが表すのです。

ただいまコメントは受け付けていません。