環球の飛行したのは標準時区の旅Sporturaシリーズの腕時計にまたがります

環球の飛行したのは標準時区の旅SporturaシリーズGPS衛星の位置を測定する太陽の電気エネルギーのグリニッジ標準時にまたがって腕時計を表示します

SSF005J1

今年GPS衛星の位置を測定する太陽の電気エネルギーのチップの初めては搭載させられてSporturaシリーズのスポーツでモデルの上で表します。1つの押しボタンを押さえつけるのでさえすれ(あれ)ば、すぐ標準時区につきあってそして自動的に学校が現地時間に着きを加減するのを知っているのを弁別することができて、精密で正確な度は10万年の1秒ごとに達します。SEIKOは特製の環状のアンテナは巧みに陶磁器に置いて閉じ込めておりるのを表して、GPS衛星受信の機能を合理化して、同時にシンボル的なシンプルで優雅な時計の文字盤の風格を作りました。からだの全体のブラック系設計を表して、神秘的で地味な息を出しを明らかに示します。黒色の時計の文字盤が白色によく合う時表示して、ポインター設計は明らかに異なる白黒の2色になって、秒針は人目を引く赤色を採用して、スポーツを更に備える流行は思って、同じくあなたのに標準時区の旅にまたがるように適合します。

ただいまコメントは受け付けていません。