袁泉、1人の効き目をあったIWC女

また快適な言葉遣いの女性、大部分が(は)モダンで美しくて、理知があって聡明です。やさしさがロマンチックなことをわかって、固執して気が狂っているのがもできます。つむじ曲がりではなくて、また生きるのが精致で、生きる色は香を生みます。自分の光り輝いて自由な世界を支配します。これ、出身と境遇に関係がありません。直面するのは幸運で不幸で、彼女たちは抱いて勇敢に景を望みとしまって、勇敢に運命の挑戦と贈り物を迎えて、平然としていて、真実です。この“恐れることがない美しいまで(に)”、帰って現実の中で来て、正にたくさんのIWC女性所の共通の風格です。

また快適な佳作《私の前半生》は最近スクリーンに運ばれます。女性の主人の君の外、袁泉の演繹する職場の女王の“唐晶”も人を印象に残らせます。彼女は都市の女性のエリートの身を切るように寒いとあこがれ、ありありとをスクリーンの上。男の戦場の上で、彼女は人に非常にうらやませる風采を持ちます;感情の世界の混乱に直面して、彼女は惜しまないで自分の広くて平坦な誇りを展示します。観衆として、思わず彼女のそれぞれのきれいで力強い反撃のために手をたたいて喜びます。あの一瞬の間、袁泉は目的の光芒をまぶしく刺してきらめきがあって、IWC女性の余裕がある姿は最も1平方寸の中を現します。

袁泉はIWC万国をつけて文西の月相の自動腕時計の36を表現します(型番:IW459307)

また快適な筆触も女性間の互いを評価したのが賞賛するのに対してずっと出し惜しみしありません。賀に直面して含んで、唐晶はずっと落ち着いている抑制を維持します;面の対聯の君、彼女が少しも保留しのでないのを持っているのが盛んで激しくて、濃厚で誠実です。唐晶を持って、全世界を持ちました。職の場内、唐晶のシンプルな風格に慣れて、しかし誰が彼女の世界のただ黒い石灰を言いますか?このジャンプしたダイダイは彼女の人情味を弁舌さわやかに語って、どうしても明るい色で先入観を打ち破ります。縛りを拒絶して、跳んで古いきまりを脱いで、これはIWCの尊重した女性の米で、米は全くになってなければなりませんから。

ただいまコメントは受け付けていません。