きらきら光ってまばゆいハンカチの瑪の強い尼Tonda 1950シリーズのラインストーンの腕時計

今年のジュネーブ国際高級の時計展の上で、ハンカチの瑪の強い尼は初めてTonda 1950シリーズを出して、全く新しいシリーズはきらきら光る宝石を象眼して、光芒は四方に放ちます。今回のTonda 1950シリーズは新しくモデルを表してハンカチの瑪の強い尼のブランドの美学の精髄を踏襲して、改良する超薄のレディースの腕時計にあでやかな人を酔わせる彩りを開放しださせます。(腕時計の型番:PFC288-1064300-HA4021/-B10002)

今年ハンカチの瑪の強い尼Tonda 1950シリーズは全部で4つの時計のモデルを出しました:3モデルの時計のモデルがダイヤモンドを象眼するのが人目を引いて、その他に1モデルは宝石を象眼するで、色の心がこもっている配列によって、きめ細かい漸進的変化の色合いは生き生きと虹のすべての色が現れて、非常に人を魅惑します。続いて鑑賞したのはその中の1モデルの粉の真珠の色の時計の文字盤の時計のモデルで、女性美を高く備えます。

腕時計の直径は39ミリメートルで、バラの金の材質で製造して、側面は技術を売り払う潤色して、やさしい金属光沢を現します。全く新しい時計のモデルは小屋を表しを増大して、時計の文字盤地区は縮小します。このようにする目的は小屋を表すためにもっと大きい空間を得て貴重な宝石を象眼するのです。表して装飾を閉じ込める51粒以上の円形のダイヤモンドがあって、大きいサイズと高い清浄度はこれらのダイヤモンドの光芒をまばゆくてまばゆくさせます。シンボル的な4匹の円形は耳を表して腕時計に心地良いエルゴノミクスの優位をつけるのを与えます。材質と表す冠は同様に技術を売り払う磨き上げて、上が彫り刻んでブランドLOGO図案があって、周りは滑るのを防ぐ筋模様製造します。粉の真珠の色の時計の文字盤は全くしなやかで美しくて、時計の文字盤の12時の位置の控えめ設置のサイズの少し増大するブランドマーク、才能がすべて現れたの同時にまた時計の文字盤の全体のさっぱりしていて上品な設計と調和がとれている整合。透かし彫りの三角形のポインターのアウトラインは金めっきして、殻を表しと対照の妙をなします。6時に位置は小さい秒の皿が設置されています。チップは搭載するのPF701/702が自動的に鎖のチップに行くので、42~48時間動力備蓄物を提供することができます。このチップは2.6ミリメートルしかなくて、こんなに薄くそのえこひいきの小型がなぜ陀の巧みな設計を並べるおかげなのか:それ集めてなる主な添え板。透明な時計を通すのが辺鄙で、チップの様子の容貌は一望に収めて、装飾は“ジュネーブの波紋”があって、非常に精巧で美しいです。ワニの皮バンドは自然なひびで扮して、かつベルトバックルを付けてあります。

ハンカチの瑪の強い尼Tonda 1950シリーズのラインストーンの腕時計が高く備えて女性美があって、きらきら光るダイヤモンドで飾って、信頼できるチップによく合って、この腕時計は女にとって抵抗するべきものがない魅力があります。

ただいまコメントは受け付けていません。