百年をしばしば経験するのが光り輝いて、求めるのに力を尽くすのが完璧です――SEIKOセイコー

セイコーのストーリは1881年に始って、年はまだ21歳の服部と金と太郎、見習いの表す職人で、彼は維新の時勢の潮流に順応して、西方の表を作成する技術を導入して、彼の理想を実現して、彼の時計王国を作って、彼“東洋の時に計の王”の名誉をも勝ち取ります。

服部と金と太郎はSEIKOセイコーに引率して多くの項目の世界一を創造します。

1969は世界一

1973は世界一にただ6人の数字の液晶の表示する数字の液晶の腕時計(06LC)だけがあるように出します。

1983は世界一世界の第1匹にこだまのやかましい時間単位の計算機能のポインター式の石英の腕時計に付いているように出します。

1984は世界一

1988は世界一にがつける者腕から発生に揺れ動いてそして電気エネルギーの腕時計(Aを貯蓄するように出します.G.S)、後で“Kinetic(人の動電気エネルギー)”と称します。

世界の第1匹のCPU―IC多機能のポインター式の石英の腕時計を出します。

1990は世界一

1991は世界一にただmillennium―plus calendarの機能の万年暦の腕時計だけを持つように出します。

1998は音の小型のモーター(ultrasonic micromotor)の駆動する万年暦の腕時計を超えるからただ世界一だけを出します。世界一にただ人体の体温だけに頼って電気エネルギーのの“Thermic”が発生するように出します。

1999は世界一

1894年間、服部時間単位の計算店の創立者の服部と金と太郎はつやがある百貨が買い取ったの後にと、米国から帰国した建築士の伊藤の改築に強化するように頼んで、服部時間単位の計算店の営業部として、そして50米の高い屋根の上で“服部の時計台”を設けて、東京の有名なシンボルになりました。

色とりどりな東京銀座、すでに全世界の有名な商業センターになりました。続々とわき返る人出、色彩の感動させる大型の広告、現代文明のにぎやかなのとスピードを表示しています。いつも少し全体で、銀座4丁目の交差する道のとつやがある百貨の最高の層に位置して高く低く流れていつまでも続く鐘の音を高くあげ始めて、騒がしい街頭を片時静かな中で浸らせます。もしもあなたは銀座に来て、人々のようにあなたを信じて、しばらく慌ただしい足どりに止まって、静かに足を止めて耳を傾けて、まるで時間は歌っていて、また歴史の反響のようで、これは銀座に最も15分が忘れ難い代表性のがあるのです……

ただいまコメントは受け付けていません。