腕時計が方法を補修するのはどのくらい深いですか?

実は腕時計が業界を補修して2時著しい特徴があって、1つの指のは軽工業が重いと推測するので、少し分かりやすく修理費がよく部品費に比べて高を要するだと言って、ある人がそれに儲けたのを呼ぶのがただ手の工事費だけで、実はこの工事費はあなたのどれだけの銀を儲けました。もう一つの個は腕時計の補修する育成訓練の技巧性が強いで、つてが深くて、素人ははっきりさせにくいです。腕時計の部品の自身は小さくて、専用ツールあなた根本的なことに助けを借りないで部品が壊すかどうかを知らないで、だから消費者の普通は聴取して方の1枚の口実を補修することしかできなくて、1歩進んで人に思うままに動かされます。

人々は腕時計の補修する理解に対してまた(まだ)落とし穴が存在していて、たとえば一つの装飾はとても重んじて、店ももとても大きくて、その上店が有名な上にも“亨得利”このようなを取って名前に似ていて、実は今のメンテナンスの商也は学んで包装するのを始めて、包装する背後はあなたの更に簡単なのにだまさせられて、あなたが綿密にあなたの周囲のメンテナンスの場所を少し観察してすべてスイス名時計店、世界名の時計城、もと某某時計名店の名義を掲げることができるかどうかを信じません!外観と装飾の上でして包装を行う以外、多くの場合は彼らがまた(まだ)振幅計、クォーツ・ウォッチの学校の時計計、防水を買い入れて例えば計のこのような設備が看板になりをテストして、通じていないのは聞きに行って、人はあなたのこれらの設備に答えるのが腕時計のためにふたを開いて減圧して使ったのでさえすれ(あれ)ばで、減圧しないでまったく開けないで、あなたも確かにそれが一体何をしたのかですかを知りません。

上はこれらは正式に交渉するのオーデマピゲコピーがないと言えて、あなたは多い福を求めてからいったん以下の数種類の情況にぶつかるほかなかったらそれなら。情景の1、商を補修して腕時計を迎えた後に委細をかまわないで、先にあなたの腕時計を分解して、根本的にあなたに引合、問い合わせの機会をあげないで、あなたが1テーブルの部品に散ったのを見た後のに時に、あなたはおとなしく服従することしかできません。情景の2、グロックを修理するのを承諾して、時間が短くて、ほぼ“即時でき上がる”のことができて、価格を修理するのが安いです。このような情況にぶつかってあなたが要してこの上ない精神を打ち始めることができて、彼が正に低い価格ラインのおとりのえさでため、あなたを待っていてひっかかります。さらに加法を付け加えて儲けて利潤を取りに来をとって、例えば油(脂)のなどをかえて、あなたに承諾したように待った後に7788数えてみれば十分なあなたは1つぼのを飲みました。情景の3、タイガーバーム式のは部品を換えて、機械が一定を表すのは歯車で、石英の時計の一定は電気回路あるいはコイルです。往々にしてこの時、メンテナンス商業会議所が1つあるいは、2個を取り出して甚だしきに至っては3つの腕時計の中のピニオンが顧客に見に来て、あなたにこの車輪を悪い歯を教えて、どの歯車の歯も壊れて、もしもクォーツ・ウォッチでしたら、明らかに電池が電源が切れて電池をかえるので、彼らの手まで(に)行ってさてニュースがあって、ただチップは問題があって、彼はあなたの表した基板に“燃やした”を教えて、部品を替えるのが必要です。

バーなどの業界の内幕と驚異的なのを持っていて似ていて、腕時計は業界の修理があとで同じくあなたの交換させられた不完全な件ことはでき(ありえ)ないに、甚だしきに至ってはある修理商また(まだ)修理単に上でおおそれたことを平気でしたのを補修して“不完全な件をかえて返品返金はご遠慮願います”の字形を書きます。実は、それは根本的に個に来て死人に口なしたいです。そのほかにたとえ家の店をかえたいとしても置いてくださいのが少し賢くて、あなたの理解した2社の店がおそらく“兄弟店”あるいは“夫婦だけで経営する小さな店”が正確ではなくなっていませんため、あなたはこのような感覚がないがのあって、あなたが一つの店を尋ねたことがあった後のに時に、また彼の遠くないもう一つの店が尋ねる時から行って、提供する価格はよくもっと高くて、実は彼らがとっくにすでに電話あるいはその他の方法を通じて(通って)すでにつないだのが良くて、ただあなたは1匹子羊をぼったくりを待ちます。

現在のところ、ロレックスのこのような腕時計に似ていてとても大きい市場ニーズを持っていて、だから腕時計の維が修業してまた新しい方法があって、それはつまり腕時計のバンドを盗んで、誤ってできないでください、私の言ったのは全体の時計の鎖がその中の1節(つ)あるいは、多い祭ではありません。だから、たとえまた頭が良いとしても大きい目を開いてください、“万年の船をさせるのに注意する”はいつも間違いありません。それ以外に、つまり腕時計壊す情況が存在して、同じくみんなにあなたに時計を買う店が問合せするのを行くように煩わして、簡単にいかなる1つのメンテナンスのサイトを信じないでください。