“オウムのほら貝”の船の長いウィリアム.アンダーソンのジャガー・ルクルトGeophysic腕時計

ジャガー・ルクルトGeophysic地球物理天文台の腕時計は1958年に国際国際地球観測年に誕生して、当時世の中の最も堅固で、精密で正確な腕時計だと誉められました。腕時計が誕生した後に、その中は1枚“オウムのほら貝”の船の長いウィリアムを贈りました.アンダーソン(WilliamAnderson)、彼は世界で第1隻の原子力潜水艦の“オウムのほら貝”を率いてみごとに北極を通り抜けます。私達は彼のジャガー・ルクルトGeophysic腕時計を少し見に来ます。

ウィリアム.アンダーソン(WilliamAnderson)は1名の海軍の将校・士官で、それから米国テネシー州(Tennessee)の議員の代表になります。理屈から言えば、その時世界の第1隻の原子力潜水艦は使用し始めて、ウィリアム.アンダーソンはその時“オウムのほら貝”の船の長いニュースがニューズ・オブ・ザ・ワールドであるべきなため任命させられました。しかし彼が1958年に“オウムのほら貝”を率いるのが北極を通り抜けるアメリカ大統領のアイゼンハワー(Eisenhower)のこっそりと下達する命令です。

1958年8月1日、史の上で第1隻の原子力潜水艦は1段の秘密の極地の旅を展開しました。この潜水艦は“オウムのほら貝”(USSNautilus)と命名させられて、儒学の彫り・ベルヌ(JulesVerne)の言葉遣いの非常に不思議な潜水艦に向って挨拶します。潜水艦は史上かつてない使命を担っていて、氷と雪の覆う北極海を経由して、2大洋の間の最も直接な航路を開拓します。3日後に、オウムのオーデマピゲコピーほら貝はみごとに北極を通り抜けます。その時、この壮挙は潜水艦の船員以外、まだ知る人はいません。その年、ジャガー・ルクルトは1モデル“を作ってすべてのテストした腕時計に受け答えすることができるのを出して、特に防水性、反磁性の精密なのはおよび、必ず学校の”の挑戦を加減します。そこで、きんでていて精密で正確な度があるGeophysic地球物理天文台の腕時計気運に乗じて生まれます。

今回の壮挙のは一回の科学技術の革命なだけではなくて、米国にとって、更にきわめて重要な政治の意味を持っています。その時、ソ連は人工衛星の発射技術で世界に自分のハイテクのレベルが現れて、アイゼンハワー(Eisenhower)の大統領は強烈に今回の任務に更に強い力が現れることができるように求めます。彼はロシア人の宇宙の探求の上の指導者地位でがただ一時的なことをかたく信じて、地球の両極は同様にとても重要です。事実は今回の壮挙のみごとにが米国軍事の優位を獲得したと証明して、アンダーソン(Anderson)は尊敬の念を抱かせる英雄になりました。アンダーソン(Anderson)の壮挙も米国の同盟国に伝わって、このようにのため、ジュネーブの公民は彼の1枚のちょうど発表するジャガー・ルクルトGeophysic地球物理天文台の腕時計を贈って、金の質のです。この腕時計はその時のスイスの機械的な表す最高峰を代表しました。

アンダーソン(Anderson)は数年間この特殊な腕時計をつけていて、上の画像の中から腕時計の古い程度は見つけることができます。それから、この腕時計は彼の家族にジャガー・ルクルトに売られました。1958年のジャガー・ルクルトGeophysicはただ1年だけ出て更に大衆のが自動的に連鎖リストGeomaticに行くに取って代わられて、だから今までただ1038のステンレスのモデルと30の本当の金バージョンだけをも生産して、今のところすでに面白くて稀有な収蔵品になりました。