大きい鼻の莫迪洛はスウォッチとと一緒に事をやります

バレンタインデー過ぎ終わって、結果は少し忙しく書いてバレンタインデー腕時計を限定するのを忘れたため、バレンタインデーのペアウォッチがたくさんで、女性のモデルがしなやかで美しくて、男性のモデルが男らしくて勇ましくて、スウォッチのこのオメガコピーようなどうしても中性のファッションに似ていて表すもあって、今年のこれは更に心からで良くて、どのみち私は比べるのがロマンチックだと感じて、更に一手に良い気持ちの札を打ちました。

多くの80を信じて、90後すべて1人に対して良く彫ってこすると言います.莫迪洛(GuillermoMordillo)のアルゼンチンの漫画家は印象があって、彼の作品はひと言で“大きい鼻の支配の恐れに”を形容します。彼の言葉遣いのすべての役、生命体から交通機関まで(に)ほとんど全部丸々としている大きい鼻があります。何枚の図を入れて昔を懐かしみます:

芽生えて間抜けに甚だしきに至ってはまた(まだ)少し密に恐れる車がありがあるあって、たいへんあでやかなのを運用して色を合わせて入り乱れている描く中世界を現しを得意として、色は多くて様々ではなくて、構図と割合はすべてとても旺盛で、特徴が(大きい鼻が鮮明で、線が)にまろやかで潤いがあって、一目で誰が描いたのを見つけることができます。でも小さい時家の彼の本がすべて白黒のを覚えていて、色を合わせてこのように彩り豊かで美しいも本当に私の予想外にあります。甚だしきに至ってはスクリーンをあけていてすべて感を治愈するのと図の中役の活力を感じました。

スウォッチは高くありませんて、学生党さえ簡単に受けることができる親民の良いブランドで、今回の設計は“PLANETLOVE”(愛の星)といって、メインは制限してモデル、510元値段を付けて、全世界まるまる14、999本、上にすべて各自の制限する通し番号があります。しかしとても多く全世界人にかなわないのが多いをの聞いていて、読者の全世界に分布する絵師として、恐らくこれはまた(まだ)少し少ない。

数量の巨大な七色のチョウを表すのはすべて莫迪洛が順々に設計したので、最低限度の現在のところが見て私はまだとても多重の様子のを発見していないで、箱を包装して盤面上でとそれぞれ制作しました:チョウの名に飛びかかって網状のものの女の子をつかむ苦心boyを振り回していて一緒にとと船でチョウの大きい鼻の小さいカップルを見るのを借りて、2対装うのが更に異なりを見て、どちらでも良くなって、終わるとして莫迪洛のあの非常に時節に合う話を引用しましょう:“愛があって、ほかのがまだ必要ですか?”