レモンの緑の玉髄:皇室の愛顧、建築装飾

レモンの緑の玉髄の大きい秒針J014013369

レモンの緑の玉髄はニッケルの石の髄を含むので、ほとんど気づくことができないかすかな結晶から構成します。古人がとっくにそれで浮き彫りの玉を作ってあるいはへこみを行って彫ります。このような緑色と金色の光沢の宝石を配ってたくさんの君主の貴族の子弟の愛顧を深く受けられます。ふくらはぎの特に激しくて大きい帝(Frédéric le Grand)、イギリスのアニー女王からビクトリアになって時代好感を受けて、有名なないのが宮を憂えるのを含むのも建築装飾としてこの玉髄を使うです。