SebastianErrazurizは相手の発祥地のスイスのなんじの谷間が好きなのを霊感

セバスチャン・Iraの祖の中で今(SebastianErrazuriz)は相手の発祥地のスイスのなんじの谷間が好きなのを霊感にして、連続2年目の設計製造して相手の応接ホールが好きです。継いで2016年に氷水が循環するのを霊感の後でにして、全く新しい応接ホールの“SecondNature”は材木などの暖色の材質を採用して静謐な空間を製造して、見学者にジュラ山脈の脈の広い森林を連想させて、寓意は相手の悠久の歴史と継続的な発展が好きです。

“SecondNature”の作品の理念は木の生長の過程に従って、そして香港、バーゼルとマイアミ砂浜展の会議・展示にありを木の生長の過程に出します。まさに木の根のようだのは木の魂が結んだので、相手の核心が同様にブランドの悠久の歴史に対する承諾から源を発しが好きです。外面へ伸び広がる枝と幹と木の葉は木の成長する時間の目撃証言で、たとえ環境が険しいとしても、依然としてむざむざ止まりません。“SecondNature”はブランドの過去、今と未来を目撃証言していて、大自然の人類に対する無私な贈り物にも現れ出て、人々に身の回りの世界を重視して感謝するように励まします。

応接ホールの展示する木は作品を彫って伝統の手法と先進的な技術を互いに結合して、伝統の手描き絵の略図、デジタル制御のフライス盤と3Dプリントなどの技術技術を採用します。バーゼルの芸術展の香港の展会はすっかりはげている枝と幹でを木の生長の過程の初期位相に現れて、あとでのバーゼルとマイアミ砂浜の展会で、応接ホールは会議・展示は季節の変換と呼応する生長の過程を出します。

バーゼル芸術展の中で、相手の応接ホール継続展出愛彼博物館の秘蔵する時計算する傑作が好きです。2017年、収集家の応接ホールの展示物が相手の骨董が好きなことを含む時現代の傑作計算してと、重点的に万年暦、皇室のゴムの木のシリーズクリームの金の腕時計の表面を展示して採用したフィレンツェを潤色して金の技術をたたいて、および3モデルの高級の真珠や宝石の腕時計の現れる巧みで完璧な宝石が技術を象眼します。

芸術家のセバスチャン・Iraの祖の中で今(SebastianErrazuriz)は表します:“SecondNatureは相手の高級の表を作成する技術のが絶えず伝承するの、が好きだまで(に)者連想ブランドの発祥地――スイスのなんじの谷間を見るのをおよびさせます。木は作品の底部の縮れている根を彫ってぐるぐる巻きついて、ブランドの核心価値観と歴史の詳細を象徴して、絶えず延びる枝と幹の寓意は未来の探求に対して。この作品の誕生、源を発して相手が好きだに芸術家とデザイナーに対して支持する承諾を創作して、私達作って実現したいでしょう。”

愛彼理事会の副主席OlivierAudemarsは言います:“今年、私達はとてもうれしく引き続きセバスチャン・Iraの祖の中で今(SebastianErrazuriz)と協力します。セバスチャン・Iraの祖の中で今(SebastianErrazuriz)は細部の芸術家で1人の臻で、きんでている芸術、並外れている技術、伝統、革新がおよび、自然だに対してすべて非常に優れている見解を持っていて、彼の作品は再度なんじの谷間の精髄を溶け込んで相手の応接ホールの中が好きです。”