機械は日常だを除いてつけて定期的にまだねじをまかなければならないをの表しますか?

まず、私達は知っていて、機械は表して自動機械的な時計と手動で機械的な時計に2種類分けます。その中の手動で機械的な時計は文字通りで、手動で鎖に行かなければなりません。そのためもしも手動で機械的な時計で、それでは、必ず定期的に腕時計に定期的にねじをまいたのが必要です。それでは一部の人は恐らく言って、自動機械的な時計が文字通りだのは自動的に鎖に行くので、手動でねじをまいた必要がないのではありませんか?

解答は否定的でで、普通だ状況で、自動機械的な時計が確かに毎日つけるしかないのが確かにねじをまいた必要がないので、しかしもしもつける者運動量少なくあるいはの時つける時つけないで、それではたとえ自動的に機械的な時計だとしても定期的にねじをまかなければなりません。どうしてですか?自動機械的な時計の原理を見たことがあってあなたが分かりました。自動巻き腕時計は自動、それは人の腕に頼って揺れ動くので、チップの上の回転する重い金槌のを表して絶えず揺れ動くを通じて(通って)、ぜんまい皿を駆り立てに来るのがきつくて、自動上弦の目的を実現します。だからいったん上弦量(運動量)は不足したら、手動で弦を補わなければなりません。そのため、始まるのは友達の“機械的な時計が日常だを除いてつけて定期的にまだねじをまかなければならない”の観点を表す少し一方的だです。しかしあなたの自動機械式ウォッチが幸運ではない時に、確かに試みる試みるつけるぜんまいのことができて、運動量が不足するかも知れません。

友達を表して恐らく聞きがあって、そんなに自動機械的な時計と手動で機械的な時計は一体どれがひとつのもっと良いですか?市場は大部分がすべて自動機械的な時計がそれがもっと良いと説明するのではありませんかですか?運動量の十分な条件の下で、自動機械的な時計が手動の機械に比べて表すのは更に便利で、これもその最大の長所です。これ運動量にありため十分なの状況で、自動的に鎖に行って正常にすぐ機械的な腕時計の運営を維持することができるのをつけます。手動で鎖に行って一定の時間ごとに手動でぜんまいのエネルギーを補充しなければならなくて、いったん忘れて止まっていったら。

この長所以外、自動的に鎖に行ってその他の長所がまだあって、例えば精度がもっと高くて、これが手動の機械とため表すのは比較して、自動巻き腕時計は“鎖を過ぎる”の設計を防ぎがあって、このように提供するエネルギーは比較的一致して、力のモメントを出力するのが安定です。腕時計のは幸運で更に安定させて、誤差が小さいです。そのほかに自動的に鎖に行って更に水を防ぐ設計に適合して、これは容易に理解して、自動的に鎖に行って手動の上で鎖のようだそのようにいつも時計を使わないため、この必然はもっと大きい磨損をもたらします。潜む水道のメーターは多く自動機械的な予想がこの原因ため。

しかしもしもつける者の運動量は不足して、自動機械的な時計のぜんまいは全く十分補充することはでき(ありえ)ないですに、腕時計はよく行って止まる欠点を取りを止めていくかつけているのが現れて、同時に、表す幸運な精度も悪くて、誤差が大きいです。例えば、勤務する1日中はすべて事務室に座って、大部分が腕はただレベルだけをして揺れ動いて、垂直のを上り下りして揺れ動きをするのはめったになくて、そんなに自動陀は基本的に仕事をしないで、そのためもぜんまいに行けないで、このような情況はまだ手の上弦の腕時計の精度が良いにのブランド時計コピーの及ばないです。私がまた(まだ)ぶつかったことがあって手動で鎖の腕時計の更に便利なやつに行くと思って、これは個人の感覚器官の問題でした。それ以外に、手動で機械的な時計のしかし愛玩性、チップの美しさ性もその長所で、特に手動で鎖の喜びに行くのも体験する取って代わるであるべきものがありませんでした。

上弦かどうかいっぱいな弦の問題に関して。専門のメンテナンスの先生によって言って、80%、90%まで十分補充して、肯定するのが十分補充するより100%まで仲が良くて、もしもの上がとてもいっぱいなため、腕時計の内部のぜんまいは張るのがとてもきつくて、腕時計に対して必ず一定影響をもたらすでしょう。上弦の時、もしも抵抗力を感じて、一定は引き続きねじっていないでください。腕時計の自身が1台の精密機械ため、あなたが抵抗力を感じた後に、もしもまた(まだ)強行して継続して、とても恐らく腕時計の内部の部品の損失をもたらします。よくつけない腕時計について、揺れて器を表しを使うことができて、あるいは1ヶ月の上弦の1は2度まで(に)。