IWCのブランドの大使の阿徳瑞娜・利瑪の手を携えるメキシコの子供は共に“平和のチャンピオン”のボクシングトレーニングに参与します

2019年7月9日、メキシコ/シャフハウゼン――近日、IWCのブランドの大使、メキシコのスーパー・モデルの阿徳瑞娜・利瑪(AdrianaLima)は専属コーチとして、メキシコシティと現地の子供で、共に1度の“平和なチャンピオン”(PeaceChampion)をボクシングトレーニングに参与しました。このプロジェクトはTRASOから催し、ロレンススポーツ公益基金会を組織して賛助に力を合わせて、ボクシングと教育、個人の発展を互いに結合するのを目指して、メキシコシティ貧困地区の暴力と犯罪を予防する。

2012年、ブラジルのスーパー・モデルの阿徳瑞娜・利瑪はIWCのブランドの大使の陣容に参加して、当時利瑪はすでにボクシングの10数年に熱中しました。近頃、彼女はメキシコシティ現地の一つのボクシング館に現れて、参加しているのと“平和なチャンピオン”(CAPAZ–PeaceChampion)のプロジェクトの子供達といって1度のすばらしいボクシングトレーニングを行いました。このプロジェクトは暴力が罪を犯しを予防するのを目指すでしょう、ボクシングと団体の心理療法、公民を課程、人権の育成訓練と育児の技巧に互いに結合するように教育して、広大な若い人と及び家庭のためにポジティブエネルギーに持って行きます。

利瑪は表します:“南米のたくさんの都市はすべて領土の麻薬の戦いと反動組織の暴力にまたがって侵害をひどく受けて、子供は私達の社会最も弱者の群体で、特に保護して助けなければなりません。私はとても光栄に子供達とボクシングの楽しみを分かち合うことができて、このスポーツは彼らのが自尊心が強くて建設を促進することができるだけではなくて、さらに彼らに街頭を遠く離れるように励まします。”

“平和のチャンピオン”のプロジェクト(CAPAZ)はメキシコ民間非営利組織TRASO(TransformationSocial)から運営して、メキシコの弱者の家庭の生活の質を高めるのを目指します。このプロジェクトはロレンススポーツ公益基金会から賛助して、そしてその他の“スポーツの変化の世界”(SportsforDevelopment)を受けてそのプロジェクトのネットワークの中でリードして行者の育成訓練を実行して、利瑪以前ブラジルで参与した“平和なために戦い”のプロジェクト(FightforPeace)を含みます。