オリスはもう1度仲間を刻んでおかしくて小さいひげをやります

たくさんの人はすべて知っていて、ちょうど向こうへ行く10月にまた“乳癌の予防と治療の月”1条のピンクの絹のリボンと称させられるのがもし女性のやさしさを代表したらとか弱くて、それでは、1つあるいは、面白おかしいあるいは厳粛な小さいひげ、男性は個性的な完璧なシンボルを味わいますと。社会を高めるために男性の生理と心理の健康な関心について、国際公益がMovemberを組織してわざわざ毎年11月、全世界で範囲内各種の公益のイベント、を催す譲るすべての男がすべて更に健康な自分を機会があって、change for a healthierman、するのを努力します。

Movember基金会は2003年に創立して、文句の道、“小さいひげがこのパネライスーパーコピーように男の個性のの‘装飾品’を代表するのが本当にますます珍しい”、そのため、はオーストラリアメルボルン郊外の1つのバー、その時いくつ(か)の若い人の酒があった後で、“小さいひげ”が改めて流行り始めるのを譲る、彼らが11月の1日目でひげをきれいにそってそれからヶ月を整えてとすべてもうひげをそりないをの決定するため。それから、この組織は男性の生理と心理の健康な問題に関心を持ちを始めて、特に前立腺癌、睾丸のがんとうつ病などの疾病は男性の寿命の影響について。

彼らはもっと多い男が11月にひげを蓄え始めるのを呼びかけて、初めは自分の体と心理が健康なことに関心を持ちます;もっと多い女性は“ひげの月”がにせの小さいひげを身に付けていることができるのをも望んで、自分の伴侶、父或いは異性の親しい友人に関心と愛を与えるのに行きます。今、毎年11月、世界各地はすべて1ヶ月の大きいひげに足りて各種を遊びだしておかしくて面白い造型をやりを蓄えるのを使う人がいて、そして動画をたたく上にネット上に伝わって、“MovemberCaptain”に争ってなります。ひげの男の間を蓄えて互いに“MoBro”と称して、彼らは11月にいっしょに集まって、自分の生活の中で各種の鶏の羽や大蒜の皮のこまごました事を討論して、相手を聞いて不平をこぼして、相手に支持して、相手に教えます:“へっへっ兄達、あなたが今日立派で滞在しました!”