針金をつけるエナメル:アテネは《鄭和の宝の船》エナメルの腕時計を表します

大きい見える火のエナメルで比較して、針金をつけるエナメルの時計の画面は豊かにして、時には1つのストーリをも与えて、アテネが《鄭和の宝の船》エナメルの腕時計便を表すのはこのように、時計の文字盤の上で、海面で鄭和の宝の船前に出る良い画面です。鄭和は西洋にいって、これは津々浦々に知れ渡っている歴史事件であるべきで、明朝の初期、明太祖と藩国は積極的な外交関係を維持して、永楽の3年の6月15日で、鄭和は初めて命令を受けてはるかに航海して、合計の7回の航行、宣徳8年まで終わります。記載するによって、その時鄭和は西洋にいった船舶は62隻あって、最大の鄭和宝船長の147メートル、幅の55メートル、その時世界で最大の木の帆船です。

針金をつけるエナメルの難度が要するのは少し高くて、先に銅の胎の上で先に図案を制作しださなければならなくて、それからとても細い金属の絹糸で図案のアウトラインを描き出して、ここは針金をつけるエナメルの技術の難点はあって、金糸はとても細くて、大概は0.07ミリメートルで、時計の文字盤の面積が小さくて、難度をも増加しました。このスーパーコピー時計措置を通った後にまた(まだ)金糸を磨いて平らにして、表面に更に平らで滑らかにならせて、また中ゆっくりとフィルの上薬へ、同様にベーキングと繰り返す詰め物を通らなければならないので、同時に顔料が生き生きと移行するのを確保して、難度が極めて大きくて、多少針金をつける盤面が甚だしきに至っては1人の先輩の大家だけあって作ることができます。 アテネが《鄭和の宝の船》エナメルの腕時計を表して26の工程を完成するのが必要で、約50時間専門の製作を消費します。

アテネが《鄭和の宝の船》エナメルの腕時計を表す上に、私達は見ることができて、鄭和の宝の船の船体はかすかに海面に陥って、帆は風を受けて動いて、上の旗幟も風向き次第で翻っています;海面はひとつひとつ波浪を打ち始めて、ぶつかって船体上で白色の波しぶきをはね上がり始めます。