両地の時に腕時計は思うままに異郷に恋して出張して党福音を持ちを買います

時間は距離を代表して、腕時計は目撃証言者です。出張するビジネスマンがやはり(それとも)異郷の恋する距離のカップル、時差の党の心の中で、両地の時機能があって買って自慢話をするlist中で、“不可欠だ”と言えるのに慣れるのだであろうと。

予算30万元以上:ブレゲの“Le Réveil du Tsar”のClassiqueクラシックのシリーズの18K黄金の腕時計

銀をめっきする金の時計の文字盤はと持って手製で図案を彫り刻んで、ブレゲに“一目で人にただ印象に残るだけ”の境界をやり遂げさせました。第2標準時区が表示する外にを除いて、やかましいベル時間はとやかましいベルが蓄えて表示することができるのを表示して、この腕時計の“内力”に十分にならせて、両地になる時腕時計の中のとてもすばらしい選手。

予算の20―30万元:伯爵Piaget Gouverneur腕時計

円形と楕円形はこの腕時計の上で結び付けてほど良くて、時計の文字盤の上の日光は放射して紋様に扮して、その上伯爵制の882P超薄は時間単位の計算に帰って自動的に鎖の機械のチップに行きを飛んで、“内外が兼ねて修理する”のそれは完璧な時間の伴侶と称する資格があります。

ただいまコメントは受け付けていません。