バセロン・コンスタンチン最高峰に達する複雑な機能

精密な技術と機械的な技術の“有名人堂”の中で、時間を知らせる腕時計は複雑な機能の中で時計最もめったにないしかも最も尊重させられた機能の中の一つ。専門の上の巧みで完璧な技巧を除いて、また(まだ)ひとペア楽音が鋭く能力の耳を鑑別評定するのがありに対して求めて、これらの高貴な時計算して以下を含む:必要に応じて順次時、に対して時間を知らせる3を行って機能を聞きに刻んで、分けます;および全体の時自動的に時間を知らせる大を行って鳴いて機能からと全体の時小さく鳴いて機能から時間を知らせたのを行いを刻みを整えます。大きく鳴いて機能から超小形化の技術要求に対してきわめて高くて、技術と楽音の技術は異常で複雑で、運行する時また(まだ)大量の動力を使いが、そのため広範に思うに最高峰に達する複雑な機能になられます。この需要は動力と複雑な機械のきわめて高いのに対して力を掌握して、数(何)百の部品を1枚の腕時計中でようやく組み立てることができます。大が鳴いて機能から(24時間以内のこの機関が96回起動する十分な動力がいなくてはならないため、そして912回行って鳴り響いて)、また(まだ)同時に清浄な優良品質の時間を知らせる楽音を確保して、一つの名実ともに備わる高の難度が挑戦するのです。

ただいまコメントは受け付けていません。