江斯とデントンのきらきら光る光芒

バセロン・コンスタンチンは日本の芸術家の今井の陽子を招待して、彼女の芸術とブランドのエナメルの技術師の技術を互いに結合します。有名な日本の大家の育成訓練を通って、彼女はすでに自身の特色をひとつだけ持っている技巧を開始しました:画布の上で霊感のために貴重な粉末創造する書道絵を画きを使います。バセロン・コンスタンチンにとって、これは彼女の初めてがこのような技巧をエナメルの時計の文字盤の上でで運用するので、人を魅惑する明暗の効果を創作しだして対比します。はっきりと都市の光が現れることができるため、彼女が熟練していてすばやい両手、強靱なのを運用して力と特有な賢い鋭敏性を集中するのが必要です。

貴重な粉末の飾り技術は書道の芸術の基本原則を参考にしました:平衡と純粋な追求について。1本の細い針を運用して、今なおすべて公表したことがない唯一の扉の特技を採用して1つ1つ粉末の粒子に飾りを添えます。全体のために行ってつやがある効果の魅力を添加するのを描くのは一つの難度のきわめて高い仕事です:1筆ごとにがすべて完璧に位置に対応するまで(に)埋めなければならなくて、或いはいかなる自由の発揮があまりに決して飾りを許しありません。

すべての粉末のサイズ光沢度が選択を行う、それから、異なる角度の下できめ細かい観察とと違う光線によって変化して、引き上げの時計の文字盤の光度と同時にようやく作品の写実性に影響しないのを保証することができます。まず、小さい金の粉で背景をして飾って、時計の文字盤きらきら光る光芒が現れます。あとでダイヤモンドはプラチナの金の粉末と交替で穴埋めして、人を魅惑するつやがある影の効果を製造しだして、最後はまた真珠のスパンコール付で飾りをします。その方向とサイズを調整するのでさえすれ(あれ)ば、彼らの現れた異なる光沢、時計の文字盤に独特な生命力と暖かいイタリアを現すことができます。エナメルの時計の文字盤の上で、盛り上がる金の質の脊椎線の間、そして数万の光で注文するのが輝いています。これらの独特な貴重な粉末は異なる反射光の光度を持っていて、濃い色の大きい見える火のエナメルのが下へ際立たせるに互いに呼応を渡して、互いに際立たせます。時計の文字盤の中央の光沢は時計の文字盤の外側のコースの次第に柔らかい化に最も強い、ののを対比しますそして。

3ヶ月を上回る手作業は製造して、多種の芸術の技術をこね合わせて、1枚の時計の文字盤すべてただ1つだ。時計算して箱の中で1枚の虫めがねを添えてこのような技術のを鑑賞して臻の細部に着くことができるのを展示します。

ただいまコメントは受け付けていません。