ジャガー・ルクルトの101小型のチップ

吐溝ジャガー・ルクルトのチップが磨き上げる人がいるのが粗くて、でもこれも誰と比較するかを見なければなりません。ジャガー・ルクルトのチップが製造するのスーパーコピー時計はまだ第一世代のでであるべきで、その中はその立体陀はずみ車のチップのようで、比較的人の目を奪いました。でもジャガー・ルクルトのチップ中で、101小型のチップは1929年の登場今なおから、しっかりしてい世界で最小のチップの玉座に座ると言うことができます。

この超小型のチップ、毎年の生産高はただ50のためだけ。0.2cm2の空間中、98のモジュールを入れて、3.4ミリメートルの厚さ、車輪を並べてしきりに毎時間の21奮い立って、600回、重さの1グラム足らず、こんなにミニ体つきもそれを真珠や宝石の腕時計の中で彩り豊かに輝かせます。中隊のイギリス女王のエリザベス2世戴冠する日、つけたのもジャガー・ルクルトJoaillerie101がモデルを表しができます。