たくさん表を作成する商は自分での時計の文字盤の上でモザイクタイルのこの技術を運用しました

今のモザイクタイルは意味が広範であるで、実は中国語の中のモザイクタイルはMOSAICから訳すので、もとは方法のつなぎ合わせてなる入念な装飾を象眼するで指します。モザイクタイルは最初芸術を象眼するので、小さい小石、貝殻、磁気のれんが、ガラスなどで有色板をはめ込んで壁面あるいは床板ので上を使用して図案の表現しに来たの芸術を制作します。

今このような芸術の形式も運用させられて各種の場所にあって、芸術と先天的な連絡の表を作成する界を持っていてもこのような技術を忘れていません。たくさん表を作成する商は自分での時計の文字盤の上でこの技術を運用して、その中の伯爵は去年に1モデルのProtocoleXXL“Secrets&Lights”が小さいでモザイクタイルの腕時計を築いて、2016ジュネーブの高級な時計を獲得して大きくて“最優秀技術の腕時計”を与えます。

この腕時計の中で、イタリアの小さいののから来てモザイクタイルの技術の大家CesareBellaを築いて約5000つのごく細かいガラスが板をはめ込んで感嘆させられるベニスのコピー時計景観をつづり合わせて出して、安康聖母教会堂の大運河の上で影が逆さに映りだした厳粛なアウトライン。色だとがすべて心をこめて選んだのが風景画に似通うのが普通でで、腕時計の時計の文字盤のためにきめ細かい質感を加えました。