ランゲの1815CHRONOGRAPH腕時計

尊重を受けるランゲの1815CHRONOGRAPH、現在2モデルの18Kバラの金の型番の腕時計を増設します。両者は皆ガイドポストを搭載してコントロール・システムに順番に当たって、飛んで機能、脈拍の計算する目盛りに帰って、黒色あるいは銀白色の時計の文字盤を配備します。1815CHRNOGRAPHは解け合うのは精妙な時間単位の計算は技術を表しを積み重ねて、機能の上で更にかすを除いて精髄を取って、単純な追求技術の時間単位の計算だけのために表す人が設計するのを積み重ねます。つける者は2時の位置の押しボタンを押さえつけるのでさえすれ(あれ)ば、すぐ細長い中央の時間単位の計算の秒針をスタートさせることができます。その時間表示する精密で正確な度は五分の一秒に達します。飛んで機能直ちに連続して時間単位の計算に帰ります:4押さえつける時位置の押しボタン、時間単位の計算の小さい秒の皿は勝ち点皿のポインターとゼロビットの後でのまで(に)跳んでいて瞬間再起動して、新しい時間単位の計算を行います。周りの脈拍の計算する目盛りは動悸率を測量するのに用いて、毎回30の下に動悸の時間を測り出すことができて、この設計は人にすばらしい懐中時計機能を連想させます。中央の時間単位の計算の秒針は40~200間の目盛りを指して、毎分の心拍数を表示します。