腕時計が右手をつけるのがとても奇怪だと感じる人がいます

実は時計をつけるのが一体左手がまだ右手の問題であるべきなので、もっと前にすでにみんなに各方面から討論させられて、“男性は左・女性は右”と思う人がいて、“右手”と思う人がいて、“左手”と思う人がいます。原因となると、多種多様であるで、私の印象の最も深いのを譲るのは左をつけて右をつけるまた(まだ)健康と関係を雑談したのです。あれらが高くて大きい上の理由は一体このように私は知らないかどうか、しかし私からすると、腕時計が左手をつけるべきだのはまだ右手の問題で、“しょっぱくて甘いちまき”の問題のように、本当に本当に意味がなにかあるとは限らないにの論争して、しかし“戦争”は古来よりありました。

中国の伝統の習わしから言えば、時計をつけるのは男性は左・女性は右であるべきです。《5が数年来しるしを運ぶ》は思います:中華民族の歳月の二神は盤古氏の両目が溶けたので、日神は盤古氏の左目が溶けたのです;月神は盤古氏の右目が溶けたので、民間の広く伝わる“男性は左・女性は右”の習わし、ここから来ます。以前、上で公共の便所、男性は左・女性は右;婚姻をつけてやめて、男性は左・女性は右;その他に、結婚によってうつしがまだあって、夫婦の2人はいくつかの儀礼の場所に出席して、男性よく左側にあって、女性だよくある右。もしも位置を逆さまにして、笑いものにする人がいて、“男性は左・女性は右”の習わしに違反したそうです。しかし私達は現代社会を知っていて、誰(で)も求めるのが自由で個性的で、各種の原因をさらに加えて、多くの伝統の習わしはすでに強引にもう要求ではありませんでした。私について観察して、大きい多くの人、男女にも関わらず、時計をつけて多く左手をつけることが好きです。

どうして大きい多くの人の腕時計は左手をつけるのなのとなるとですか?この中で私は深い原因は思って何もなくて、全く1つの便宜性と快適性の問題です。私達はすべて知っていて、手に使い慣れているのが右手の人だのは手に使い慣れているに比べて左手の人が多くてで、そのため“左利き”の一説があります。もしも腕時計を右手上でつけて、とてもゆゆしくとても便宜を図らないで、たとえばあなたは字を書いて、マウスを使います。人の左手が事をするのが多くなくて、だから腕時計を付けて多すぎる事を妨げることはでき(ありえ)ないです。事実上、私は腕時計を右手でつけるのを試みたことがあってことがあって、確かにとても私が働きを妨げて、左手がずっと良いです。

一方、左手は時計をつけて更に腕時計の保養に役立って、つけるようだ右手で(左手はさすがに右手の乾く事が多いほうがいい)をそのようにぶつかりやすくありませんています。でも大きい多くの人はすべて右手で重大なの左手をつけてだからやっと時計をつけるためべきです。“男性は左・女性は右”の問題となると、現代女性がつけるのは表すも多く左手で、私はこれが今ため男女平等なことを重んじると思って、女性は男性のように金が儲かって家族を養わなければならなくて、働かなければならなくて、もしも前ように“男性は左・女性は右”の習わしに従って、とても便宜を図りません。

それ以外に、大多数の腕時計、冠の位置を表すのはすべて右側で、腕時計はつけて左手便利な右手で操作を調整します。私は左手がつけるのが冠の設計を表して表す互いに因果の関係だと思って、右手のため時計をつける人が多くて、冠の設計の便利な右の手動設定を表します。

でも、左利きがあなたの想像したのがないのはそんなに少なくて、データによって表示して、総人口の10―12%の人は左利きで、その上割合はとても安定的です。この割合は小さいとは言えなくなって、そのため多くのブランドもいくつか“左利き”のデザインの腕時計を出して、例えば盛んな刺し縫いする海Luminor1950 Left-Handed 3 Days3日の動力は左利きの腕時計を貯蓄して、チュードルの襟の潜む型LHD腕時計など。

それともあの言葉、腕時計が一体左手をつけるべきだのがまだまだ“しょっぱくて甘いちまき”の問題とと同じに、まだ右手ただまだ個人の“好み”の問題です。特に近代的なこの開放の社会、1つの南方人は恐らく甘いちまきをも食べることが好きで、1つの北方人も恐らくしょっぱいちまきを食べることが好きです。大きい多くの人は腕時計を左手でつけることが好きですが、しかし私も右手が時計をつけておかしいと思ったと思わないで、自分で心地よく良いことが好きです。その上あなたは1つの右手の時計をつける人がどう1つの左利きではないをの知っているですか?