篆書の米:陰陽の変化する万物の道理

時間の領域の中で見事な数字、時の分秒の間の転換が転々とするので、東方の文化の中の60年の1甲子で、循環して、更には尽きることがないをの意味します。

60周年の特別なモデルとして、北京は表して特に60分の位置で小篆のこのフォントを使って、小篆は文字の源、書道の祖で、東方の文化の中で“観をあお向けてうつむいてこまかに調べる”を通じて(通って)、天文、人文、地の文のが子細に観察するのに対して含んでいます。外国側の内で古い鼎のようだ北京の赤い書いた“60”、丸くて、しっかりしているのを使います;陰陽は変化して、万物の道理、篆書の空間分布上で体現しているのがとても十分で、つりあいがとれていて、平衡がとれていて、等距離、重点など、全部小篆の自然の法則に対する自信を体現します。

のと呼応して、時計の文字盤の中央は書道体の“北京”を使って、このフォントは北宋前衛の書家の米ハイのに出て行って、ただ出るのが精巧で、“沈着で痛快で、風の帆柱の度の馬の”の本の風、北京がブランドを表してと全部来る前衛の血筋を生みを明らかに示して、このマーク、ただ運用して北京でハイエンドの腕時計の上を表すだけ。