IWC複雑な技術の方法は専門家の技に更に精密にならせます

ペアウォッチの底がかぶせて技術を飾りを行って処理する時、機械で腐食銅版を彫り刻みをと行うを除いて、レーザーをも使って彫り刻みます。このような先進的な技術はすばらしい実施のブライトリングコピー信頼度、安定性を備えるだけではなくて、設計を彫り刻むためにより多く新しい可能性をも開きました。

私達の表す殻の専門家達は一連でとても複雑で、高い求める加工方法、例えばダイヤモンドの旋盤仕上げに精通します。このような加工方法は主に赤い金あるいは青銅の材質に応用します。材料を切削する同時に特に切断するダイヤモンドを通って、また(まだ)材料に対して圧縮します。例えば、ポルトガルのシリーズの時間単位の計算の腕時計の赤い金が殻を表してそのため独特のものがある光沢を獲得するのができます。