オメガはとても牛を奪い取ってどこにありますか?

もしも1つの世界最も牛の腕時計のランキングを評論して、オメガがとても腕時計を奪い取るのが絶対にランキングに入っています。とても腕時計の自身のクラシック性を除いて腕時計のの“牛”を奪い取って、更にいくらでもありますそれの複製してはいけない伝奇的な経歴と歴史。世界がそのようにストーリ性の腕時計のシリーズを満たすのは本当に指折り数えるほどわずかなので、今日私達はいっしょにオメガがとてもあれらの伝奇の逸事を奪い取りを話しに来ます。

私達はすべて知っていて、オメガがとても奪い取って“月の時計”の名誉があります。1969年7月21日、オメガはとても時計を奪い取って米国の宇宙飛行士のアームストロングについて行って月に上がって、とても時計を奪い取ってそのためも第1枚の月をログインする腕時計になります。でも、あなたの恐らく知らないのは、オメガの第1回が月に登るのはまさしく偶然だ。

1962年10月3日のシングルの有人宇宙飛行は“水星”の飛行の任務の上で計画して、WallySchirraつけたのは彼の自分のオメガがとても腕時計を奪い取るで、これも初の宇宙に入るオメガの腕時計です。1964年9月、飛行の任務の成員の事務室の主任のディック・この雷は(DekeSlayton)にちょっと止まって1内部の備忘の中で“1モデルの高さの丈夫でしかも精確なサイクルコンピュータが‘双子の星’と‘アポロン’の飛行の任務に用いる”の需要に関して述べました。この任務は渡して技師のジェームズ・羅根(JamesRogan)から実行します。1部は時間単位の計算の腕時計の“値段を付ける招待状”に関して彼にそれぞれ家メーカーを数えるまで(に)発送させられます。当然で、オメガもこの招待を受け取りました。3モデルのスーパーコピー時計オメガを提供して届けてとても腕時計ST105.003を奪い取ります。

真空の宇宙の環境の中でさらに正常に使うことができる腕時計が見つかって、もちろんきっと次々と重なってテストします。アメリカ航空宇宙局は全体を“資格のチェッカプログラム”と称するのにテストします:その中は手動で鎖の時間単位の計算の精密で正確な度に行ってテストすることを含んで、殻を表して、鏡、時計の文字盤、腕時計のバンドと時間単位の計算機能の押しボタンを表して破損が発生するかどうか、鏡の内側を表して水蒸気の発生があるかどうか、およびきわめて温度、真空、高湿度、腐食、衝突、加速、圧力、に耐えて騒音などの条件が震動すると下に腕時計は正常に運行するかどうか。総、これは1つのたいへん苛酷なテストです。

事実もこのようにで、1965年3月1日、テスト結果は取り出されます。聞くところによると、多くテストする腕時計に参与する中で、ロレックスだけあって導いて通して持つ、オメガがとても奪い取る、ロンジンの13ZNなど何モデルのスーパー実力者(はい、その時ロンジンはロレックスの対抗する腕時計のブランドと)のサイクルコンピュータが正常に運行することができることができるのでした。でも、その中のロレックスの時計は相対湿度のテスト中の前後で2度の故障が発生して、最後に耐熱のテスト中で淘汰させられます。大きい秒針の発生がくねくねしていて、そしてとその他のポインターはいっしょに巻き付きます。ロンジンの表す水晶が鏡を表して変形が現れて、そして耐熱のテスト中で離れて殻を表します。ロンジンのはその他に1匹の腕時計は低圧のテスト中でおなじな不幸な状況が現れました。最後にとても腕時計を奪い取ってすべてのを通じて(通って)テストするオメガがしかありません。ただ盤面の夜光だけが消えて、別に低圧のテスト中で21分近く行って、加速してテストの中で遅い15分を行きます。

アメリカ航空宇宙局のテスト人員のあの時の記録の上で書いています:“選ばれた3つのブランドの腕時計の操作と環境に対してすでに終わったのをテストして、テストする結果は:オメガの腕時計は全く標準に合って、そしてGT―の3(双子の星の泰坦の3番)の3人の宇宙飛行士に配備するでしょう。”3人の宇宙飛行士のつけるとてもは時計を奪い取って、アメリカ航空宇宙局はそのしたのが唯一変えるのに対して長いでナイロンのマジックテープの縄がただ標準の鋼の時計の鎖に取って代わるのなだけで、それによって腕時計重々しい航空宇宙が従う外でつけることができます。

1965年6月3日、エドワード・ホワイト(EdwardWhite)の使用中の“双子の星”の4番の航空の任務の時に、とても腕時計を奪い取ってアメリカ人の第1回の宇宙遊泳を完成したのをつけます。でも、オメガはNASAに対して中国プレミアリーグを選んで1件を奪い取って何も知らないと吹聴して、それからまで1965年6月18日に1冊の生活の雑誌(LifeMagazine)のGemini4宇宙飛行士EdwardWhite宇宙を掲載して写真を漫歩するのが見えて、やっと驚喜してつけるのが彼の左手首上のでなんと1匹が超奪い取るのを発見します。またの後で、オメガは確認してNASA政府になってサイクルコンピュータを指定して、とても腕時計の専門性を奪い取りためを表明する、とても奪い取る時計の文字盤の上でSpeedmasterはその上Professional一行の字を下達しました。そこでST105.003は2つのバージョンがあって、それぞれ初期Speedmaster盤面がおよび、1965年に現れるSpeedmasterProfessional盤面を始めるのです。