文芸の質感のむっとする乱れるシリーズ

ここ2年、Nomosはすでに控えめの文芸の青年のやっと知るマイノリティーのブランドから、ゆっくりと人の最も全て知っていて、誰もがほめそやす良いブランドになって、1の2万元左右予算になって、人生の第ひとつの良い時計の第一選択を買います。

Neomatikシリーズは今年バーゼルが展を表す上に2モデルの腕時計を新しく世に出して、円の時計の文字盤と方の時計の文字盤の2種類の設計があって、設計の上でもちろんブランドのすべてのその他のシリーズとと同じにドイツ製の厳格できちんと整いに見えます。Neomatikは去年水泳術のを試みて今年の量産まで(に)制限した、設計している上から軽微な変化はLogoを総監督Thomasを設計してシャンパーニュの色あるいは金色が腕時計いっそうきらめき見えることができるとandold fashion.思うため金色、なりました気づかせたのが必要だのは、金色の誰(で)も別に御したのでないのが良くて、四角形のモデルがサイズの上でわりに大きくて、よく合い始めてすべて知恵と勇気が必要です。

もしもあなたは国内のヒットの601シリーズを推薦しないのに聞いてになりたくて、もちろんそれがよくなくなくてではなくて、私達の広大な文芸の青年の方法でで、比べてモデルを温めて、自然と注目されない所のいくらか、の新しくいくらかのシリーズの方が好きで、あなたの知らない優越感~をわかる私があります

ただいまコメントは受け付けていません。