宇の大きな船の“大聖堂”の3は腕時計を聞きます

宇の大きな船の出すこの“大聖堂の3が腕時計を聞く”も同時に陀はずみ車、柱に解け合って時間単位の計算などの複雑な機能に順番に当たります。その他の伝統の腕時計設計とと違い、宇の大きな船は時間単位の計算の押しボタンを巧みなのは溶け込んで冠を表す内部に着いて、3の聞くつるつるな竿腕時計の8―10時で位置の間、殻の中部を表しと一体になります。最後はまた(まだ)宇の大きな船の“特色設計”を保留しました:炭素繊維、チタンと天然ゴムの製造する時計の角質を使って、それにどう見るにも関わらず、すべて最もハーフバックの1モデルの3が腕時計を聞くのです。

ただいまコメントは受け付けていません。