宇の大きな船unico自分で作る時間単位の計算のチップの大きい爆発

向こうへ行っているこの夏、私のつけた最も多い腕時計、この宇の大きな船が大きくて爆発するのです。これも私の買った第2隻の宇の大きな船で、2隻の宇の大きな船を通して、私は自分がやはり(それとも)比較的宇の大きな船が表したのが好きなことを発見します。だから今日各位とこの宇の大きな船bigbangunico42ミリメートルを言って、すぐ宇の大きな船unico自分で作る時間単位の計算のチップの大きい爆発(bigbang中国語を使い大いに爆発する意味で、以下は大きく爆発するのと)略称します。

私の前で1隻の宇の大きな船のすばらしい融合の大きい3針を買ったことがあって、クラシックの融合の大きい3針は宇の大きな船のが入門して表すので、一定の時間をつけた後で、私はよいと思って、その時芽生えて更に1歩進めて、宇の大きな船のメインシリーズbigbangの大いに爆発する考えに遊びます。Bigbang大いに爆発する宇の大きな船で、相手が好きだにオフショア型のに相当して、いっそうスポーツ、いっそう“破裂する”の型番で、スポーツを行って、クール路線をまぶしく刺します。宇の大きな船bigbangが大いに爆発して主に45ミリメートルと42ミリメートルの2つのサイズがあって、私がやせている人ため、だから先に42ミリメートル選びました。

私の前のすばらしい融合とこの匹が大きくて爆発して、すべてチタンの殻のです。すべてなぜ陶磁器の殻を選ぶのか、私ためチタンの殻がもう少し丈夫なことを考慮に入れます。私は買ったことがあってたくさん大いに表して、47のの盛んな刺し縫いする海に似ている、46の万国が大いに飛ぶ、45の本当の力時に大いに飛ぶ、50噚など。実は大いに表して、太り具合はすべてつけて慣れることができるのブランド時計コピーだであろうと、これっぽっちは問題ではありません。しかし大いに最も容易な出現の問題を表して、とても容易にたたきます。サイズが大きくて、厚さが大きいため、袖口も絶えず覆い隠して、ずっと現して外にいるのを表して、たたいて着きやすいです。チタンの殻ははるかに陶磁器は漕ぎに耐えるほうがいくて、しかし衝突がぶつかりを議論して、チタンの殻は更に人を落ち着いていさせます。

高は度の表す殻の造型を識別して、宇の大きな船の大いに爆発する1つの特徴です。宇の大きな船bigbangは大いに爆発してもリストヘッド、時計の鎖の一体化設計を使いますが、しかし構造は普通な腕時計より更に複雑です。腕時計の主体はチタンので、しかし殻の中間を表していて、二重を引き延ばす1つの凱の夫があって、そして凱の夫から外面へ二重を引き延ばして、2つの“小さい耳”を延びだします。大型で表して閉じ込めて、6粒の宇の大きな船のシンボル的な“H”の形のねじがあります。同時に、殻、腕時計のバンドのリンク所を表していて、すべて“H”の形のねじ(すべての所2個)がもあります。腕時計の表す冠はゴムので、回って錠に入りがあって、同時に冠を表すのが比較的大きくて、使い始めます比較的便利な(防水の100米)。