ランゲはSaxonia Automatic全く新しくて灰色の褐色の時計の文字盤を出します

ランゲ(A.Lange&Söhne)2モデルの全く新しいSaxoniaAutomaticを献呈して、独特なほこりの褐色の時計の文字盤によく合います。この優雅な色調は初めてSaxoniaシリーズに見えます。ランゲ(を祝うためA.Lange&Söhne)東京専売店は改めて特に18Kバラの金と白色の18K金がこのように貴重な品を作る、そしてで全世界の各地のランゲで開幕します、ブランド(A.Lange&Söhne)専売店は発売します。

完璧に組み合わせます:18Kバラの金と白色の18K金の製造するSAXONIAAUTOMATICで、ほこりの褐色の誠実な銀の時計の文字盤を配備します

位所東京銀座高級購物区とランゲ(A.Lange&Söhne)専売店、全く新しい設計を通って、2016年に6月30日に改めて開業します。この重要な日、ランゲ(を紀念するためA.Lange&Söhne)特に2モデルの組み合わせのほこりの褐色の誠実な銀の時計の文字盤のSaxonia Automaticを出して、大地の色調は容易に、味わいがある自然を下に敷く資格があります。

2モデルの高尚・上品なのは皆設けて自動的に鎖装置に行きを行って、殻を表す直径は38.5ミリメートルです。アンバーとダークブラウンの手工縫制ワニの皮バンド、腕時計の色調と互いに調和して、優雅だ最も現在。誠実な18のK金のポインターと時間の目盛り、完璧に際立たせて殻の色調を表して、全体設計を更に際立っていさせます。

腕時計の搭載するランゲ(A.Lange&Söhne)L086.1型は自動的に鎖のチップのただ厚いだけの3.7ミリメートルに行って、動力の貯蔵は72時間続いて、そして手製で並べて添え板などのランゲ(に順番に当たりを彫刻するのを結び付けますA.Lange&Söhne)クラシックの品質は表します。時計工場は自制してチップが備える中に自動回転台を置いて、浮遊状態はボール・ベアリングとプラチナの金の950が心からで間に順番に当たります。その他のランゲ(が全く同様ですA.Lange&Söhne)作品、Saxonia Automaticの独立のチップのモジュールは精密な修飾と手仕上の後でを通じて(通って)、第2回を行って工程を組み立てます。これはSaxonia Automaticごとに全てただ1つの芸術の貴重な品になります。

ただいまコメントは受け付けていません。