伝奇的な色彩の時間王国のスイスの表を作成する主流の風格のおおよその方向

スイスを知っていて初めを表して、私は瑞係の腕時計の風格を探しを始めて、独係のシンプルなかばんのハウス、日系の豪快で実用的なの、露係のパロックが甚だしきに至っては中係の小さくて短い針の腕時計中で多かれ少なかれすべて1つの全体の風格のおおよその骨組みに総括することができるためです。しかし腕時計の風格に話が及んで、スイスの表を作成する時計のモデルはほとんどそれ全部を独占しました。シンプルから複雑ですまで(に)、カジュアルから正式まで(に)、たとえたくさんの風格は1つ1つ並んですべて一部をなくさなければならないのですとしても。派閥をさらに加えて林立して、複雑で多様な百10個のぐらいブランドのスイスが表を作成して、本当に1つの明るい糸口がありません。私達で真理の途中を探求して、過程はよく結果に比べて魅力を更に備えて、全ての事が本当はすべて比較とを通じて(通って)総括して獲得しに来たので、それでは続いて筆者のからみんなを連れていてその他の各国の腕時計の風格をスイスに取り出してと比較して、比較的中、もしかすると新しい手がかりが見つかることができます。

シンプルな包みのハウスの独係の腕時計

“ドイツ製”はひとつのN何遍のも暑い語があるのがすぐもとのままで流行っていると言ったことがあって、時間を守るのがと効率を重視する“ドイツ製”の2が大いに支えるのためです。周知のように、強烈な時間の観念もドイツ人の一大の鮮明な特色で、彼らが時間を守るのがと効率至上で、だから時に対して計算して製造してとても苛酷な要求を持っています。それゆえに、今日の名声の日に日に強大な独係の腕時計がありました。“ドイツ製”の精神はドイツ人のずっと貫徹する技術信奉で、これとドイツの品質はそのわりに大きい名声がまだあるのが縛って必ずいっしょにいたのを保障して、ドイツ人は自動車の機械的な技能について、同じく機械の技術の傑出している手本の“腕時計”を通じて(通って)現れることができました。

独係の腕時計はきっとみんなは私の前の文章を通じて(通って)すべてある程度理解して、ドイツ人が重視するのはシンプルで実用的で、それからうわべの包装で、格拉蘇蒂に似ているオリジナル、ランゲ、Nomosなどの独係の手首が振る舞いを説明するのは全てこのように。つまり今少しのうわべの技量があって、しかし彼らはハウスの風格の熱を包みに対して一度も衰えてなくて、独係の自動車(疾走する、BMWなど)が同じようで、重視するの性能と材質のに対して訴えるのを、永遠に実用的な包むハウスを第1位に置きます。

ただいまコメントは受け付けていません。