スイス琉森に源を発します――敬意を表しますブランドの130年の表を作成する伝統

宝の齊莱創立する年度に向って1888年に敬意を表して、新しく出したのはシリーズの第一モデルの腕時計を伝承して88制限します。これはでも風格と趣の世界で有名で派手な腕時計のメーカーを高く備えてスイス中部の名城琉森で創立して、新作の腕時計の金色の光沢は琉サンバのロック式の都市の色の位相変調と呼応して、直径の42.50ミリメートルの表す殻は18Kバラの金を採用して心をこめて製造してなります。別一つ宝の齊莱の発祥地に向って敬意を表するふるまい、チップの添え板で、それは18Kプラチナを採用して手製で作って、上が美しい琉森の都市を彫刻しているのが派手です。添え板は陀はずみ車の外の全体のチップの背面を覆いました。これが宝のそろうアカザの職人からで2多い時間心をこめて彫り刻んでなる精致で繁雑でみごとな風景画センターを使って、この都市の地面水平標識にそびえ立っています――琉森はPareの廊下の橋(ChapelBridge)を押さえます。絵の中に1つの特別な細部がまだあります:1羽のハクチョウ、この寓意の宝のそろうアカザは1888年に開く第1社の専門の時計の宝石店は琉森のハクチョウ広場(Schwanenplatz)に位置して、今のところの宝の齊莱の高級品店とごく近い所にいます。88の腕時計の上のハクチョウの位置それぞれ異なっている、このが個性的な細部を満たしても更に1枚の腕時計がすべてただ1つであることをを強調しました。

殻の形と時計の文字盤の採用する太陽を表して紋様、輪を放射して装飾人のはなやかなダイヤモンドの角型を閉じ込めてさせる時表示して元素を設計して、霊感は皆前世紀60年代の各種の復古する腕時計に源を発します。この腕時計は宝のそろうアカザを目撃証言して復古するのを元素と先進表を作成する技術の完璧な融合に設計して、みごとに古今の溝と谷をまたがり越えて、1つのきらきら光る未来を迎えました。

ただいまコメントは受け付けていません。