ショパン(Chopard)L.U.C XP“金のサル”は植えて腕時計を描きます

すぐ2016申年入って、Chopardショパンは金のサルが桃をとりをテーマにして植えて腕時計を描きを出します。1匹の金のサルは結ぶにいっぱいな大きな果実(成果)の木の枝の上で身を寄せて、蜂蜜の桃を摘みとって、夕日の朝焼けの光は気絶して一面の金色の空を染めだして、背景の中の金色の谷間は全くのぽかぽかと暖かい光景が現れます。時計の文字盤は漆の芸の大家から手製で制限して作って、金のサルが桃をとるのは中国の伝統の年画のテーマで、桃の寓意が健康で、数字の8が代表するのが幸運で、“8”の個の蜂蜜の桃は収穫と幸運を象徴します。L.U.CXP金のサルは桃をとって植えて腕時計よく合い黒色ワニの皮バンドを描いて、同時に技術の一心に飾ったのを描いて特に箱を表しを植えるのを配備します。箱の外部を表して黒色を呈して、内部は植えるために金色を描いて、その八角形設計は東方の文化中で愉快な寓意を持っています。

技術を運用します:植えて描きます

生ウルシの原料はウルシの樹脂から抽出して来るのです。ウルシの樹脂は入念に採集して、エージング、加工を通じて(通って)、生ウルシになることができます。その後層の上で漆を追わなければならなくて、しかも一層ごとにが皆きわめて細かくて薄いです。大家を描いて漆で技術を描きを植えて、漆面の上で金の粉のはっきりと示す図案、この要求のきわめて厳密な手法で描き出します。ただ持って長年の豊富な経験の先輩の大家の方精この方面に通じていて、これらの大家は一生技術を改善するのに力を尽くして、すべての動作に対して全て絶えず改善して、力の臻が完璧です。

往年ののようですL.U.C XPは植えて腕時計を描いて、Chopardショパンと日本皇室は漆器を用いて商と山田の無事な堂を作って協力して、この貴重な時計の文字盤を作ります。日本で“世の中の国宝”のだと誉められて絵領域泰闘級大家増村の紀と一郎を植えて自ら時計の文字盤を設計して、そしてChopardショパンの特に招待したのが植えるから大家の小泉の3を描いて時計の文字盤を制作するのを教えるのを監督します。

この時計の表す殻は18Kバラの金で、L.を搭載しますU.C96.17―L超薄のチップは、はその厚さはただ3.30ミリメートルのためだけ。

ただいまコメントは受け付けていません。