Blancpainはいっしょにブランドの大使は年度のテーマの“速く朽ちている時代の目盛り人”を発表します

近日の情報、時間の波の中で、物事の成り行くままに従わないで、頼って堅持して、自己を実現します――これは282年しばしば経験するので、“クラシックの時計算する創建し営む者”のブランパンBlancpainの深く信じる価値観。科学技術が急激で、都市が、名利の争い、価値と観点の乱雑で入り組んでいるのが孤独です……、私達の速く朽ちている時代を構成しました。ブランパンの手を携えるブランドの大使と親友、年度のテーマの“速く朽ちている時代の目盛り人”を発表して、敬意を表して浮かぶ世の中の堅持します。ブランパンの文化の大使の梁文道、呉暁波、芸術の大使の馮の遠征、ブランドの親友の呉秀波、共に発声して、見失いに抵抗します。

大きさを論じないで、すべての個人はすべて1部の自分のに属して堅持があります。ブランパンにとって、堅持して、長い間続く激情です。3世紀間近く、“堅持する”、ブランパンのブランド精神に根を下ろします。 完全の機械的な伝統を堅持して、開発が革新するのを堅持して、完全に自主的にするのと堅持して、トップクラスの品質を堅持して、眼光が長いをの堅持します――その外、ブランパンも大衆を堅持していてと持続的に時代の文化、社会の議題の討論を開きます。

2012年、ブランパンは文化のプラットフォームを創立して、イメージ大使のに慣れるように招聘するのを捨てて方法があって、探して深さの指導的人物がいる思想、魅力がある、があって、独自の旗印を掲げて文化の大使、芸術の大使、公益の親友の名を付け加えて、共にいっしょに社会の大衆に価値が大きい情報と観点を順次伝えます。ブランパンは特に信じて、これらは人格の魅力の人物を満たして、結局は“未来の1世代”のために灯台の類のを提供して導くでしょう。

5年来、梁文道、呉暁波、馮の遠征、呉秀波、完成していて自ら堅持するだけではなくて、その上“大使”と“親友”の身分で、ブランパンの恒心を述べています。今回、4人の各自の領域の極めて優秀な人、初めて一斉に集まって、過程ですべての個人の堅持していたのを探求して、必ず直面しなければならない問題:自ら懐疑、自ら和解する、自ら認める、自ら突破する。

“今日まで私は依然として毎日の5、6の時間閲読時間を維持して、しかし正直に言って、私にとって、私は堅持していないで、私がこのようにすることしかできないのです。私は読むことが好きで、私は本を読むことが好きで、もしも毎日読まなかったらのが十分でそんなに多くて、私が具合が悪いです。”

“私はあまりあのような深くはまり込んだのをありやすくて自ら疑いなくて、しかし私は毎日自ら疑います。あなたがとても自分を確定するのではない時、あなたはいっそうのが慎重であるようになって、いっそうのがまじめであるようになって、あなたは更に自分が多分不足がありを意識して、しかしただまだ明確に見つけるに、それを探したくて、そのためあなたは改善する空間を修正するのがいます。”

“私は今まで1つの習慣があって、私はもしもある新聞雑誌のそれの大概の立場がこのような話を知っていて、私は毎日それは私が必ずまた行ってあれらの立場とそれの異なったのが甚だしきに至っては相反するあれらの新聞雑誌を見るのを見るを除いて、すべてあなたの情緒の引っ張れられたニュースを譲りやすくて、あなたはすべて注意しなければなりません。私は今日中国の大量を満たす人と機関が人の情緒に影響を及ぼしを快感にして、目的なるだと感じて、あるいはこのために金を稼ぎました。”

“もしも生活の中を探しに行くのが一人で真実なことを報道するを通じて(通って)、私はそれはつまり1つの迷宮を感じて、今までのところ、私自身はすべて正確に私自身を報道することができません。私は本当に正確なのがあなたに教えることができて、私の見たは私の報道に関して私が経験したことがないの70パーセント~80事があって、私はすべて彼らがどう書き込むかを知りません。”

“私は選択をして2つの原因があると思って、ひとつのは従うのといって、ひとつのは直覚といいましょう、あるいはある種類のアイデンティティー。”

“私はいわゆる直訳してくるのが堅持すると思って、生きています。おや、あなたはつまりあなたはどうして仕事を堅持しますか?私が生きているため、どうしてもしあなたは楽しいをの堅持したらですか?私が生きているため、どうしてあなたは孤独なことを堅持して、あなたが生きているため、すべて私が生命の需要から源を発すると感じるのを堅持しましょう。”

“役者は何で、役者は実は雑家です。どうして私は先生をすることが好きですか?私はつまり出演するのがそんなにうさんくさい事ではないと証明するのを望んで、実際には今日場にいるいかなる一人、彼はすべて1人の良い役者であることができるです。もしパフォーマンスを学びたかったら、あなたは1人の役者の内心の感銘を体験するたいですとして、あなたが芝居を上映する以外、最も主要なのカーテンコールにこたえるあの一瞬のそれ。多くの子供はすべて幕を礼を言い終わってやっと知っているので、役者をするのは1件のどんなに苦痛でどんなに幸せな事です。”

“すべての職業はすべて霊感が必要で、私は今1つの習慣があって、私は眠る時はもしも夜に私は突然1つの霊感が発生して、私の一定は早く登り始めてそれを覚えて、その上あなたは当時にあなたが最も知恵の人を発見します。”

“私は毎年の年末あるいは年初の時、私は私の去年のパフォーマンスを少し総括して、私がどの劇を考えるのが最も良くて、どの段が出演するのが最も良くて、あのこのものは私は要らないで、なぜかというとさすがに自分で絶え間ない成長、あなたは恐らくその時に出演する最高峰で、来年向こうへ行って、だから私はと感じて、学問には終点がなくて、芸に終わりはありません。”

“さまざまな変化は私達まで(に)、すべて中国になって人に人の恐れる1人のとても巨大な巨人を畏敬して、譲らせ、あの私たち自身はこの巨人の中の1つの小さいボルトとして、同じく発生していたのは新しく思う中を恐れます。私は最近一本を書いていて、2008年~2017年の中国の10年の経済の史、これは私の2017年最も重要な1件の事です。”

“人が中年に至ってやはり(それとも)多くの問題があって、あなたがこの年齢まで着いた時、実はあなたはすでに多くの事をして、あなたが1件の事を下のへする時あなたは前の事を少し越えることができると言いたくて、たとえ1時(点)小さい進歩しかないとしても、しかしあなたは言いに気がついて、この進歩はだんだん困難になります。”

“堅持するのは自ら期待したのが外表現しているのであるべきで、あなたの更に長い時間が10年の20年甚だしきに至ってはで行って試練を受けて、またあなたに着くに様々な誘惑があって、様々な成長のボトルネックがあって、現れて、それはこの時にあなたは毎回突破することができますか。”

“私を達成感があらせは何もなくて、実は一人の一生すべて虚栄を満足させていて、あなたはあなたのしたある1つの仕事が他の人のために価値、それから喜び自分を持ってきたと思います。”

ただいまコメントは受け付けていません。