ジャガー・ルクルトと映画の芸術

ジャガー・ルクルトと別名の“第7芸術”の映画の芸術関係は密接にします。時計と映画は2つの世界ですが、しかし励起が作るのがクラシック、追求を考えて、伝承するきんでている方面に両者は多くの共通点を持っています。ジャガー・ルクルトは全力であれらに倦まずたゆまず働いて、たゆまず頑張りぬいて映画の事業の発展する映画の芸術の大家達を推進するように支持して、同時にたいへん自身のブランドの遺産の保護に対して重視します。

10数年来、ジャガー・ルクルトはベネチア国際映画祭の政府のパートナーとして、一期の映画祭ごとにの上のために団の主席の選抜する映画業界の人を審議するから“ジャガー・ルクルトの監督の栄誉賞”(Glory to the Filmmaker Award)を公布します。

2013年4月から、ジャガー・ルクルトとリンカーンセンターの映画が力を合わせて(Film Society of Lincoln Center)が協力で“映画業界の人に駐在する”を製造して(Filmmaker in Residence)を計画するのができて、創始性は新世代の映画業界の人の未来プロジェクトの実現を支持します。

ジャガー・ルクルトはまた(まだ)上海の国際映画祭との協力を通して、古い映画の修復のために出資援助を提供して、中国の映画の遺産を保護する。それ以外に、聖人のセバスチャンの映画祭のスポンサーとして、ジャガー・ルクルトも映画の産業と芸術家の多様な発展を支持するのに力を尽くします。

ただいまコメントは受け付けていません。