ヘンリーは時名を慕ってブランドを表して全く新しいFunkyBlueチタン金属版の腕時計をおします

H. Moser & Cie.ヘンリーは時名を慕ってブランドを表して1モデルの制限する10の腕時計を新しく世に出して、DLCチタン金属の材質をコバルト色fuméたばこが時計の文字盤をいぶしと解け合って、風格が果敢で、色がはなやかで、ブランドのまた1の傑作になりを運命付けます。私達に見てと勇敢に者の万年暦FunkyBlueチタン金属版の腕時計の風采を作らせる!それは再度ヘンリーの時を慕うブランドの精髄を明らかに示しました:伝統のを尊重して同時に流行に追いつき追いこして、風格はひとつだけ持っていて、並外れている卓群の時計算する作品を製造します。

今年初めに始まって、ヘンリーが慕う時絶えずその万年暦でモデルの上で強力に普及を表して、いくつかのはなやかなのに行うように出しました。本当閏年の2016年にもちょうどヘンリーが慕う時のために勇敢に者の万年暦の腕時計の搭載した伝奇的なチップHMC341誕生10周年を作ります。市場の上で公認したのが最もなめらかではっきりしている読みやすい万年暦を簡素化するとしてモデルを表して、今のところそれはまた一連で精巧で美しい色と材質で全く新しい見得を組み合わせます。

ヘンリーが慕う時再度常規―黒色DLC上塗りのチタン金属とコバルト色fuméたばこを転覆して時計の文字盤のアイデアをいぶして結び付けて、妙趣をかなり備えます。ここから製造してなる腕時計は激しく変わる色モダンな都市の風格を明らかに示して、流行して優雅な顧客達のは2のが選ばないのです。しかし、少数の幸運児だけあってこの腕時計を手首間でつける機会があることができて、総計すると10制限して、6月からヘンリー慕時授権小売店の入荷で売りを供えます。

勇敢に者の万年暦FunkyBlueチタン金属版名の表す首位の時計の主なを作るのが他の人ではなくて、正に有名であるなの正にドイツのサッカーの巨星のカール―ヒダントインの茨・リードのなんじの(Karl-Heinz Riedle)です前。カール―ヒダントインの茨・リードはなんじは持って傲慢な人の職業の生活成し遂げて、1988年にオリンピックは銅メダルをとっのでことがあって、更に1990年に世界チャンピオンになります。彼はスポーツ菁英、完璧な主義者で、熱狂的な表す謎で、だから、ヘンリーが慕う時彼の自然のが選ぶのです。

ただいまコメントは受け付けていません。