1940′sモバードの博物館

世に名を知られるモバードMovado博物館のシリーズは1947年に誕生して、造型のシンプルな現代、今なお依然として現代主義設計の手本、特異性の単一で少し丸い時計の文字盤を伝えて時計の史の上で最も簡潔な清浄な設計だと誉められて、モバードの博物館が時計の文字盤設計のすばらしい元素を秘蔵するです。このすばらしい設計は有名なアメリカ籍の芸術家のネーサン・ジョージ・霍威特の手に出て、彼は時計の文字盤を簡略化して、時計の文字盤の上の数字を排除して、12時にひとつの設置されている位置がしかなくて少し丸いです。この彼に対しての詳しい説明は:“私達は時間が数字によって順次並べたのを知らないで、私達は時間が地球がその軌道に沿ってただ太陽の運行する位置をめぐるのなだけを知っています”。だからこの設計中で、時計の文字盤の12時の位置の上の金色が少し遠くて正午の太陽の位置を象徴して、ポインターは地球にスポーツを暗示するで、モバードの一貫して採用する黒色の背景の時計の文字盤は果てしない宇宙のシンボルになりました。このなしの数字の時計の文字盤の設計は十分に20年代のかばんハウス設計学派の精髄を体現していて、そして現代主義の手本だと誉められます。1960年にニューヨーク現代芸術博物館に永遠に秘蔵させられて、だからこの時計も“博物館が時計を秘蔵する”と称させられます。今のところ、モバードの腕時計はすでに世界各地のいくつかの博物館のになって秘蔵して、博物館は時計の文字盤を秘蔵してもモバードのただ1つの設計の元素になります。

ただいまコメントは受け付けていません。