ブレゲは後の世まで伝わってシリーズの腕時計発表されます

2005年、ブレゲは有名なTraditionの後の世まで伝わるシリーズのの山開きをしたのに7027腕時計を行うように出して、ブレゲの第一モデルが正面チップの底板の機械的な構造を展示する時から計算するのです。Tradition後の世まで伝わるシリーズはずっとその他のブランドの争ってまねる対象で、しかし本当にの匹敵する作品と極めてまれなことができます。数年来、このシリーズの一族の成員は絶えず強大になって、今年また1モデルの新作を迎えます:通し番号Tradition Automatique Seconde Retrograde7097。

Tradition後の世まで伝わるシリーズのその他が全く同様でモデルを表して、この全く新しい作品の霊感も“時計のモデルを予約購入する”の“subscriptionwatches”から来て、思わず人におじさんが1796年にめったにない–ルイ・ブレゲ先生(Abraham―LouisBreguet)創始したの単にポインターの懐中時計を引き延ばしを連想させます。異なっての、あれらの懐中時計は皆きわめて簡単なチップを搭載します。ブレゲ先生はそれに対して“予約購入する”の形式をとって販売して、すぐ注文票を出す時総価格の4分の1を前払いして、時計算して完成して交付する時また予算の余りを支払い終えてから。ブレゲ先生はまた(まだ)これらの“予約購入する”を使ってチップを表して第1モデルのタッチを作って表してことがあります。

Tradition Automatique Seconde Retrograde7097は本来は時計の文字盤の底板の下にある板橋、歯車、エスケープ、ぜんまいの箱などのチップ部品に隠れてはっきりしていて公にして、だから“予約購入する”にモデルがと機械設計を表して敬意を表することに触れるのを表します。整然としている装飾の細部とつりあいがとれている板橋の構造は腕時計の平衡がとれている視覚効果を強めました。板橋と底はかぶせて皆特殊な金槌の扮する処理を経て、このような完全無欠な操作と技術きわめて精密な技術を飾って、すべての細部の皆調和がとれている統一を確保します。黄金の自動陀はその時期のチップの風格を参考にして、(thegold winding rotor borrows its style from the movements of theperiod)手製で製造する丸くない真珠は模様を刻んで紋様の図案を打って際立たせだして12時の偏心位置の金の質の銀をめっきする時計の文字盤に位置するのを彫刻します。このような時計の文字盤は同様にブレゲ先生の1799年から作るタッチが表す中で現れます。

今回の新型はブレゲの藍鋼の透かし彫りの環状のポインターを採用して分と時間を表示して、10時に位置の逆なのは秒針を跳んで秒間を表示して、表すべきな名称はすぐこの機能から源を発します。ブレゲの表を作成する大家がまた(まだ)艶消しを採用して処理を閉じ込める半円形を打つ1秒間の目盛りを跳びに逆らって、時計の文字盤のその他が目盛りがもっとはっきりしているのを表示するのを確保します。設計の上のつりあいを維持するため、pare―chuteは装置に震動して4時の位置に位置するのを避けます。このような避けるのも装置に震動するブレゲの一大が発明するで、輪軸を並べて揺るがしを免れることができて、Tradition後の世まで伝わるシリーズのが明らかに中の一つを表すのと言えて、それも今のところすべてのが避けて設置する先祖に震動するので、今のところ有名なIncablocアンチ・ショックシステムを含みます。

当然だ応用の最前線技術の方面で、この新型も全く見劣りしません。40ミリメートルの表す殻は逆方向直線てこ式のエスケープ、ケイ素の質のつめを搭載して、安定的なのが速さに揺れ動きを実現する端のくねくねしているケイ素質ブレゲの空中に垂れる糸がまだあります。

Tradition Automatique Seconde Retrograde7097は技術と美学が臻の完璧な手本に着きを称することができて、ブレゲのブランドが歴史に対してモデルが行って現代革新するまたが成功するのとを初めての試み表すです。古風で質朴な控えめの外形彰顕出ブレゲの悠久の伝統、先進技術の応用は私達にブレゲのブランドが革新に力を尽くして、開拓して未来の足並みを固めるのを見させました。

ただいまコメントは受け付けていません。