ジャークの独ルーマニアはジュネーブの時間を知らせる鳥の3を献呈して聞きます

Jaquet Drozジャークの独ルーマニアはその芸術の労働者の坊の名匠のこの上ない才気に集まって、新しくジュネーブの時間を知らせる鳥の3を表して(The Bird Repeater Geneva)を聞きを創建し営みだして、精妙で並み外れているイベント装置と大自然の詩の境地を一体になって、更に利用してジュネーブに向って敬意を表します。自然な光景日内瓦城の織りなす構成ジュネーブと時間を知らせる鳥の3の聞く装飾の背景、真珠のバイモの時計の文字盤の上でこのスイスの名城のすべてのを濃縮して表します。

時計の文字盤の中央、1対の赤い額のヒワは居住してレマン湖で押し湯所のいろいろな鳥の天国に入ります――ルソーの島の中央。2匹の金はスズメの鳥を彫ってからだのおりる2羽のひな鳥を見守っていて、鳥の巣の中央は1匹の鳥の卵に横になっています。精微で豪華な細部、きらきらと美しくて明るく輝く色、はっきりと真に迫るスズメ鳥目部は1本の粗雑な竿になって、全て出て夏のドイツの芳の職人の大家の超卓の技巧を引き延ばしを明らかに示します。

ジュネーブの時間を知らせる鳥の3は技術にパラメーターを聞きます

THE BIRD REPEATER GENEVA

J031033204

18K赤い金の時計の文字盤

手製で色彩の真珠の雌の貝、黒色のオニックスの針皿に彫刻して行きます

手製で色彩の金に彫刻して行ってスズメの鳥を彫ります

18K赤い金は殻を表します

18K赤い金の折り畳み式はボタンを表します

手動で鎖の3に行って時間を知らせる機械のチップを聞きます

動力は48時間貯蓄します

直径の47ミリメートル

制限して8つ発行します

ただいまコメントは受け付けていません。