ジャークの独ルーマニアの隕石の大きい秒針の腕時計

ジャークの独ラッセルは鉱石の米が好きで、表を作成していたのが過程で精密で必ず各種の鉱石の独特な美感を捕らえて、そして巧みで完璧な技術でそれに全く新しい質感を与えます。落ちる表面は針型の幾何模様で、交代式設計は変化に更に多様にならせて、ジャークの独ルーマニアのすばらしい大きい八字の時計の文字盤によく合っていて、1回の趣を独特なものとして持ちます。

ただいまコメントは受け付けていません。