3項の特許の製造する並外れている腕時計で

HL2.5は自然と同族列の3項の特許を受け継ぎました。第一つの特許は半分が式を追求してチェーンは時間(一瞬式システムを跳んであるいは式システムをドラッグするのと異なるので、前者が幸運だのが速すぎて、人を鑑賞に間に合わなくさせます;後者がまた時間の間の正確に読みを実現することができない時):チェーンの60分は3―4秒間前進して、あるいは抜かして現象を跳ぶキックがなくて、あなたに味わって時間が機械的な運行の米に行き来する機会があると。 第2項の特許は調速装置をイベント板橋式のチップで集めてなるです。それは表示装置のから駆動して、絶えず位置を変えて、完璧に重力のもたらす影響を補って、それによって精密で正確な度を高めました。

第3項の特許はチップの両ぜんまいの箱の運行の方法に関連します。主なぜんまいの箱は自動システムの上弦から、ここから2つ目のぜんまいの箱のために必要のエネルギーを提供して、2つ目のぜんまいの箱は専門的に複雑なシステムに駆動するのロレックススーパーコピーに用います。主なぜんまいの箱の提供するエネルギーのおかげで、2つ目のぜんまいの箱はきっと弦の状態を十分補充するのを維持して、一回の時間変えてすべて最優秀レベルのエネルギーを獲得することができるのを確保します。これは各複雑なシステムがすべて単独で獲得して動力を運営することができるのを意味して、腕時計の精密で正確な度に影響することはでき(ありえ)ないです。