上海の瑞士周は今日引き離す序幕に

今年の上海の“瑞士周”は5月28日に行うことを始めて、6日を期間とするイベントの中で、人々は鑑賞するのをスイスの独自の特色を持つ風土と人情にから来て、スイスの特有な飲食の文化を味わって、スイス各業種の科学技術に業績を研究開発するように理解します。

スイス駐上海総領事館から主催して、王隆(上海)のビジネスのコンサルティング会社が2014上海の瑞士周を引き受けての5月28日~6月2日に淮海公園で北広場が上海の庶民の全方位の展示の元の風味そのままののスイスに、を催します。

スイスNeuchâtel地区からのアルプス山笛演奏団体Trio de la Bérocheは初めて上海に来を招かれて、2014上海の瑞士周の観衆の生演奏のスイスの伝統の民俗の楽器のアルプスの山の笛と踊る旗のパフォーマンスのため、これも11:00時、最後の1度の公演ために19:00時のため彼らの中国での初公演、毎日一番早い1度の公演です。

上海のそれぞれのスイス機関に駐在して展の団の形式でをその中に参与します。イベントの時に各自の領域のに解け合って多い姿の現場のインタラクティブイベントを豊かにしてその他に1つの角度からをスイスの科学技術、教育の文化、商業貿易の観光などに解釈します。6月1日児童デイの当日に、心がこもっている子供ためは楽しませながら教える風の趣のイベントを準備しました。
15のスイスからのブランドを上回って“スイス村”に入室するでしょう。観光客がスイスの美食のを味わっていて同時にすべてのブランドの背後の発展の歴史のスイスとと関係がある飲食の生活の文化、例えば赤ワイン、チーズ、牛乳、ビスケット、母子の保健、おもちゃと空気浄化などを理解することができます。

ただいまコメントは受け付けていません。