インド皇室は真珠や宝石のブランド作りを頼みます

その中は1931年にのハンカチティヤを創作してルビーの短い首の鎖(ThePatiala RubyChoker)を引き延ばして、ハンカチティヤの王を引き延ばす公布の人徳の拉・塞恩がカルティエに一族の中のレディース設計のために作るように頼むので、ひとつなぎの珠の方法でルビーの並列接続を重層に刺し連ねて、しかもダイヤモンドを結び付けて真珠と首の鎖に変わって、モデルが西方の設計の考えをインドの真珠や宝石の例に持っ(連れ)て入るので、この前にのため、インドの真珠や宝石の作品はたぶん異なる色の宝石でひとつなぎの珠式に並びを喜びます。

反対に言って、インドの真珠や宝石の作品はたぶん男性皇室の成員のためにつけて、外国からの客とその他の社交場所の儀礼を受け付けて着て掛けるのとして用いて、これらの組み合わせの方法も一部の現代の宝石商の設計の作品に影響して、たとえばインドの男子の頭巾の宝石は、羽とタッセル型の形式を飾って、すべてフランスの多い真珠や宝石設計のブランドの風格の中の一つに影響したのです。古代インドのグラムの上品な宝は1924年に創作するHinduチェーンブレスレット(それからブローチに変える)もインドの特有な物体の造型とトーテムを法式の風格の作品に転化するです。

古代インドのグラムの上品な宝の1924年の作ったHinduブローチ。

この件は古代インドのグラムの上品な宝の作った長いネックレスからインドのタッセルの形式の風格の影響を受けます。

フランスの宝石商Chaumet尚美は1910年にもその他の宝石商とと同じに派隊商はインドに向かってことがあって、同様にインドの文化からの設計のトーテムをもくみ取って、その中の“タッセル”の形態も1920年代の1件の“ダンスの姫”という真珠の長いネックレスの作品で運用します。

“踊る姫”の長いネックレスは尚美のパリCHAUMETがインドの風の影響する最優秀代表を受けるのです。

このような長いタッセルの形式、真珠の連絡を取り合う技術、よくある多いフランスの宝石商の設計の作品、そしてそれからArtDeco時期に時欧米の真珠や宝石設計の1筋の騒動に、が実はインドの文化の影響でように引き起こします。

インドの風格は今なお依然として真珠や宝石設計に影響していて、この古代インドのグラムの上品な宝が作るのは便を結び付けて単一で長いネックレスOiseausur labrancheネックレスになることができるインドからの真珠の直列の技術です。

ただいまコメントは受け付けていません。