精密なチップと独創技術、万年暦の並外れている魅力に続きます

ヘンリーが時自主的に開発する万年暦のシリーズを慕うのは現在のところの最も富むアイデアの腕時計の中の一つで、多くて複雑な機能を持ったけれども、しかし独創する精妙な設計は使用上非常に手っ取り早いとでヒューマナイズします。この万年暦の黒色の特別な腕時計のチップは時間を表す方面に同様に閏年のいくつかの特定の月とのと違い運命によって自動調節を行うことができて、その“よけて経過する”はさらに1秒以内に急速に精密に必ず期日変更するのを実現します。月機能に設計上で巧みに地味な風格を演繹したように指示します――12で小さく常に表示して月標記する職責を兼任して、別に1本の矢じりの形の小さいポインターを配合して指示を担当して、感心します。最後のどうしても持たなければならないのは、つける者は1日のいかなる時このCLAS(2,3)の万年暦があるいはの前であるいはの後の調節を行いことができますに対して、チップを壊しを心配する必要はなくて、この技術は万年暦機能の領域の中できわめて得難い人(物)と言えます。各種の大幅な特徴の融合が正に万年暦の腕時計の技術上のを成し遂げて独創が純粋であるでと、そしてそのためジュネーブで高級な時計が大きくて成果に表彰を与えます。

万年暦の黒色の特別な腕時計は万年暦のシリーズのクラシックと独創に続いて、そしてブランドを目指してヘンリーが慕う時になってもっと流行するハーフバック、果敢で優雅な風格を持ってきて、万年暦の黒色の特別な腕時計HKD379、000の売価が引きつけるのをより多く個性に求めて、貴重品のめったにない若い腕時計の愛好者を求めます。

Endeavor Perpetual Calendar Black Edition通し番号HMC341_050―020

万年暦の黒色の特別な腕時計に頼ってこの2014年にヘンリーが慕う時バーゼルの時計展の特製の時計のモデルで、ヘンリーが慕う時ブランドも大胆に全く新しい境域に歩み入ります。同時に、ブランドの腕時計のシリーズはプラチナ、バラの金、プラチナの金などの貴金属を引き続き運用するを設計して、最も伝統の手作業の技術と歴史をめぐって1枚の腕時計を作りに来て、ヘンリーに慕わせる時の腕時計は1つの時間単位の計算の製品だけではなくて、1件のマイクロマシンの世界の中が極致の成し遂げる芸術品を代表するで、絶えず改善することに、貴重品のめったにない探しにくい代名詞なります。

ただいまコメントは受け付けていません。