SEIKO喬巴のテーマは腕時計が刻んで島の雪片の図案をふくらます磁気がありを紀念します

役の誕生15周年、日本の有名な時計のブランドのセイコーはそのために特に1モデルのテーマに腕時計を紀念するように出して、この腕時計はデザインの上でとても含蓄があってで、見たところ似るのが普通の腕時計と等しくて、その他のアニメ・漫画の腕時計に似ていて普通で誇張のテーマ設計を採用するのがなくて、一部の細部の場所でただ役とと関係があるテーマ設計だけが現れて、腕時計はすばらしい3周の式設計の時計の文字盤を採用して、3つの小屋が別れるのはサイクルコンピュータのために時間を分けてデータを記録するの秒です。その中の時計の文字盤の左側は喬巴生まれる地磁気に島の雪片の図案をふくらますように代表したのを印刷してあります。

同軸の右側は代表の喬巴乾のお父さんの珍しい山東の1グラムの髑髏の図案を印刷してあります。セイコーの秒針での設計の上で新しい工夫をこらして、協力するテーマの秒針の頭部のために設計させられて船の錨の形になって、後部は設計させられて桜になって、以上の数ヶ所のテーマ設計は原著の友達を見たことがないで喬巴の体まで(に)連想しにくいのを譲ります。

でも寝返りを打ったことがあって時計の文字盤の背面を見に来て、喬巴のシンボル的な帽子とアニメ・漫画名の大Logoはつまり印刷して目(みんながすべて分かったのを見ていた)に入りを表します。制限して発売するのため、時計の文字盤の辺鄙なからだはまた(まだ)腕時計の制限する通し番号を印刷してあります。女性のユーザーのがつけるのを考慮に入れて、鋼のチェーンの腕時計のバンドを除いて、政府はまた(まだ)特に女性の友達のために1モデルの白色のフランジの皮革の腕時計のバンドを設計して、男女は気分が良く皆配合してよいのにも関わらず。

ただいまコメントは受け付けていません。