Blancpainブランパンの“梁祝”が小さくてエナメルの高級のオーダー制の腕時計を描きます

この5つのBlancpainブランパンの“梁と祝”が小さくてエナメルの高級のオーダー制の腕時計を描いて共に梁と祝のストーリの中の5つの肝心なシーンを述べて、それぞれ“草橋が義兄弟の契りを結ぶ”、“同窓生が共に読む”、“18が見送る”、“高殿が会う”と“化のチョウが翼を並べる”です。

“草橋が義兄弟の契りを結ぶ”の中で、梁祝の2人の私塾は初めて会って、意気投合して、ひざまずいて義兄弟の契りを結んで、Blancpainブランパンの芸術の大家達は巧みに祝英台を捉えて真情のにひそかに隠れて横目で見てちらりと見て、あの日の1ひとみと言えて、3のために生みます。“同窓生が共に読む”、選び取るの2人が共に読んで共に遊ぶので、同窓生の3年の1幕、感情のますます深い2の人為的で緑の枝はめぐって、まゆをひそめたり,笑ったりしたのはやさしくいたわって豊満で充満します。じっとこらえる“18が見送る”の1幕の中で、梁山伯はかすかにうなずいて、祝英台は名残惜しくじっと見つめて、2人の衣服は飛び舞って、草むらは並べて揺すぶって、風の物寂しいの中で胸が張り裂けます。
“高殿が会う”の時、料理ははしに動く人はいなくて、娘が両親の縁組みのさせる英台湾を設置して背きにくくて固まって息(のど)が詰まる言葉がないをの回復して、山のおじさんは暗然として意気消沈して、時計の文字盤の右上方の窓と窓の外で楼閣の緑の木、画面の空間と深さを拡大して、まるで同じく2人間記憶に行く先に延びるのがあらせて、枠の外の昔を描いてやさしくいたわって画面の中の残酷な現実を対比します。最後の1幕、“溶けてチョウ翼を並べる”のシーンの中で、梁山伯はまるで全部の自由を獲得して、思い切って彼の夫を直視していて、2匹のチョウは伴って片側を飛んで、花が煌びやかで美しくて開放して、ストーリもロマンチシズムの高潮に達します。

ただいまコメントは受け付けていません。