クラシックに向って敬意を表してあれらの労役(兵役)に服したことがあった軍を棚卸しして表します

腕時計は普通な民衆を深く受けられて歓迎するだけではなくて、軍用の領域で大いに異彩を放つです。普通の腕時計と区別があって、軍は表して必ず各種の極めて悪い環境に適応しなければならなくて、そのためアンチ・ショックを水を防いで、磁気を防いで、に対してすべて苛酷な要求を持っています。同時に直観のためにまた便利だ命令取出し時間、軍は多く大を採用して直接設計を表しを表して、かつ夜光のポインターと目盛りによく合って、それによって夜間と弱くてつやがある戦闘の環境の下で実用的です。普通の腕時計は美しい原因の外側が多く処理を売り払いを行うかを考慮に入れて、軍の表す実用的な優先レベルは美しい原因より高くて、光線が反射するのを防止するために目標を暴露して、殻と盤面を表して多く黒色を主なにして、一部は声がかれる光の艶消し処理を行って、それによってもっと良いのは達して効果を隠します。歴史の上に表す多国籍部隊装備軍があっのでことがあって、今日私達はいっしょにあれらの労役(兵役)に服したことがあった軍を少し棚卸しして表しに来ましょう。

ブランパンの50噚

ブランパンの50噚は1953年に誕生して、“噚”噚は水深の部門を測量するので、防水の深さが50英に達して故に名声を得るためです。腕時計の上のダイビングの目盛りは閉じ込めて潜む時間と酸素の埋蔵量を下へ観測することができて、良好なののが磁性を防いで水を触発することができ(ありえ)ない中に磁性の水雷があるいは海底の強烈な磁場を受けて影響を保証します。ずば抜けている性能はすぐフランス、イスラエル、米国、ドイツなどの多国の海軍部隊に認可させられて、そして次から次へと装備を仕入れます。同時にこの腕時計も海洋に領域の専門の人を探求させられて選択して使用して、このブランドスーパーコピー服中は有名なフランス海軍GESR(水中捜尋部隊)を含みます。
万国のマルクの11

1948年にIWCはイギリス皇室空軍の設計製造のために有名な“マルクの11”飛行腕時計を出しました。“マルク”の名称はイギリス皇室空軍の装備の命名規約から源を発して、その時の軍隊の中のすべての装備は皆“マルク”(Mark)の加数字形号で命名して、第二次世界戦争で終わるのが間もなくて、イギリス皇室空軍はローマの字母で通し番号の方法として諦めて、数を数える手段としてアラビア数字を採用します。この伝奇的な腕時計は軍の中で労役(兵役)に服する時間は30年続いて、そのすばらしくて安定的な性能は時間の検査を得ました。それ以後IWCはこの命名の方法に続いて、それ以後出すマルクのシリーズの腕時計は更に私達を聞き慣れていて詳しく説明できさせます。

盛んな刺し縫いする海Radiomirシリーズ

19世紀末に盛んな刺し縫いする海はすでにイタリア海軍の指定する供給業者になりました。1938年、盛んな刺し縫いする海はイタリア海軍のためにきわめて極めて悪い環境に耐えることができるRadiomir腕時計を作りだします。その夜光の時計の文字盤は暗い水中ではっきり時間を表示することができます。その年、Radiomir腕時計は正式にイタリア海軍の専用の製品になって、海上の突撃隊員達は誰(で)もすべて1匹の盛んな刺し縫いする海の腕時計をつけています。

チュードルSubmariner9401

数年来、フランス海軍、米国海軍と世界各地のその他の重要な軍事は組織するのは皆部隊のためにすべてチュードルSubmariner腕時計を配備します。その中の最も有名なチュードルの潜水する腕時計は型番の9401に勝るものはないで、それは青い時計の文字盤と外側のコースを結び付けて、そこで“チュードルの青”と称させられます。これらの腕時計の底がかぶせても刻むおよび、年度を出す字母MNがあって、そして2モデルの設計が設置されています:“雪片”とその後の三角形の指標。この型番は1980年代まで、ずっと生産して交付してフランス海軍を与えます。

柏莱士INSTRUMENTSシリーズ

柏莱士がフランスの空軍パトロール兵飛行パフォーマンスチーム(French Acrobatic Patrol)が指定するの時計算するパートナー、フランスの空軍パトロール兵飛行パフォーマンスチームのために腕時計を提供します。“フランスのパトロール兵”の飛行パフォーマンスチームは正式に1964年2月に創立します。飛行パフォーマンスチームの飛行機はフランスの国旗とと同じ赤くて、白くて、青い3種類の色を塗っていて、編隊飛行する飛行機の群れは空中が飛行のパフォーマンスをする時もよく3種類の色のたばこの跡の残す空中を。柏莱士INSTRUMENTS腕時計はコックピットのゲージ板の時計の造型を霊感にして、方の中で円に会って、複雑で精密なチップに頼って運営する彼らに順調に任務を完成するように助けます。

カモメの“天津の1963飛行の番号の時計”はもう1度モデルを刻みます

これぐらいを紹介し終わって伝奇的な色彩の時計のモデルを満たして、最後はまた我が国の軍を見てみて表しに来ます。天津腕時計工場は今名声がある“カモメが表す”の前身で、1962年に中国飛行パフォーマンスチームを受け取ってその時になってパイロットを製造して表す任務を使って、みごとにつくることに成功したのを名をあげる国内外のの“天津の1963飛行の番号の時計”試みて、表してそして1966年に量産するべきで、我が国空軍、海軍に属する航空兵のなど一線作戦部隊のパイロットを装備します。同時に我が国の自分で研究製作が成功する第1陣の飛行が時計を積み重ねるで、私の国軍を埋めて史の上の一つの技術の空白を表します。