パテック・フィリップの3939が満足させて三大重要書類を表しを聞きます

パテック・フィリップは比較的もっと前に3研究開発して腕時計のブランドの中の一つを聞きを始めると言えて、全体は彼らは各種の細部で材質、部品の製に組み立てなどを行うようにおよび選択して使用してすべてとても豊富な経験があるようだて、科学的な測定の方法で一匹ごとに表す品質を聞きを評価するを除いて、PPが表して工場出荷しているのに聞く前にすべて総裁「面接する」を通じて(通って)二つとないものでなければならなくて、きびしく検査する総裁のがあって、PPは表す品質に1枚のステルスの証明書の類を得るようだのが信頼できるのを聞きます。このRef.3939の時間を知らせる音色は清く澄んでいて高く低く流れて、時、間の音色に刻んで分けて高い低音の完璧な組み合わせを表して、私は百缶でいとわないで形容することができると感じて、1匹は時計の備えるべきな要素に音量、音質とリズムを含みをなど、Ref.聞きます3939はすべて高水の淮のバランスが取れている公演があって、そのため或いはすでに生産を停止したのが後を継ぐのモデルだであろうと、これらがそれに来るのはすべて市場が度のすこぶる高い3が中のパテックフィリップコピー一つを表しを聞きを尋ねるのです。その他にそれも音だけでないのが優美で、きわめて現すRTO27PSチップの部品を下へかぶせて労働者もすべてずいぶん細い緻を行って、時間を知らせる機能をスタートさせた後に更に一回が鑑賞して陀はずみ車の運営と3まで(に)モジュールにもし調速機と音の金槌がなどの機械の動態を打つを聞くことができて、これは絶対に視覚と聴覚の2重が宴会を供応するのです。

PATEK PHILIPPE Ref.3939

プラチナの金の材質/RTO27PSが手動で鎖のチップ/時、分けるの、小さい秒に行って/3が機能に/陀ははずみ車装置は/サファイアは水晶の鏡映面、透明な底が/をかぶせるのを小道の33mmを表す聞きを表示します

エナメル面の使うのはこの3939の簡潔な顔立ちに多くなっていくらかが焦点を観賞させて、同時にその搭載したRTO27PSチップのからだは3負けて陀はずみ車の2の大きい機能と聞いて、音量、音質更には構造と労働者などの方面を行いですべて市場の好評を深く受けられるのにも関わらず、いくつ単に私はそれが家の心の中の3を隠して表す最高級品を聞くだと感じます。

ただいまコメントは受け付けていません。