超薄×が透かし彫りだ:Altiplano1200S&1200D

チップがと技術を飾るのが結び付けて美感と機能の安定性の間で必ず得なければならない平衡がとれていて、技術と美学は度を掌握するもっと高いのがすべていなくてはならないのフランクミュラーコピーにも関わらず、特に超薄のチップのが現れるにあります。それぞれ2012年と2013年で出した1200Sと1200D2モデルの結合の超薄の技術と透かし彫りの芸術のチップ、非常に細いチップの部品を更に透かし彫りで、ただ保留して構造の骨格を支えるだけ、同時に構造の美感と機能の安定性に両方に配慮を加えて、超薄の技術は最も極致のが現れると言うことができます。1200Dは真珠や宝石を結び付けるのを更に1歩進めて象眼して、細くて幼いチップの骨格の上で埋め込みしてダイヤモンドを敷いて、極致の派手な感が現れます。

Altiplano 1200D
18Kプラチナは殻を表して、殻のチップを表してダイヤモンドを象眼して、小道の40ミリメートルを表して、時、分針、1200Dは自動的に行ってチップを精錬して、サファイアのクリスタルガラスの鏡映面およびの後で底はかぶせて、30メートル水を防ぎます、ワニの皮バンド。

Altiplano 1200S
18Kバラの金あるいはプラチナの複合プラチナの金は殻を表して、小道の38ミリメートルを表して、時、指示に分けて、1200Sは自動的に行ってチップを精錬して、サファイアのクリスタルガラスの鏡映面およびの後で底はかぶせて、30メートル水を防ぎます、ワニの皮バンド。

ただいまコメントは受け付けていません。