タイ格HOYAの2本鎖の構造:スピードと精密で正確な2重の追求

タイ格HOYAがアカザを押さえてMikrograph百年を引き延ばすモデルがただ1つの自分で作るチップを搭載するのを紀念します――2011年のタイ格HOYAMikrograph1/100秒でチップを発表します。これは初が柱の順番に当たる機械の時間単位の計算のチップを統合するので、中央のポインターは1/100秒の時間単位の計算を指示します。

このチップは11項の特許の保護を受けて、480の部品を持って、機械の構造は一部に2分けます:ひとつのは幸運なために動力を提供して、もう一つの個は時間単位の計算のために使いました。一部ごとにがすべて独立するぜんまいの箱を持って、伝動してと持ち上げてシステムを跳躍します。幸運な方面(時間、分、小さい秒間と期日)、車輪を並べて奮い立ってしきりに毎時間の28に達するのをつり合わせて、800回の(4ヘルツ)、動力のパネライコピーメモリーは42時間に達します。その他にひとつのは90分の時間単位の計算が動力を表して、1/100秒の時間単位の計算を保存するのを積み重ねるのを実現しました。

この動力はシステムを償って毎時間の360に助力して、000回の(50ヘルツ)の振動周波数、同じく毎秒の回転するとの回転速度を実現できさせます。“正常にしきりに奮い立つ”と“高振しきりに”の駆動チェーンは全く独立して、時間単位の計算が腕時計の正常に幸運な機能に影響するのを防止して、動力が使いを下げて、だから比べるようがない精密で正確な度が時間単位の計算と表現するのを確保します。

きんでている時間単位の計算が表現する以外、この自動双方向のチップの機能はまた(まだ)含んで、時間、分、9時の位置の動力のストレージディスプレイ、4:30位置の期日の窓口、1/100秒の中央の時間単位の計算のポインター、12時の位置の30分の時間単位の計算の窓口、および3時の位置のストップ・ウオッチの時間単位の計算。

ただいまコメントは受け付けていません。